同人用語の基礎知識

ぴえん

トップ 同人用語 項目一覧 ぴえん

何となくかわいらしい 「泣き」 の表現、「ぴえん」

 「ぴえん」 とは、泣いている状態をあらわす言葉です。

 主に女子中高生の間で流行となり、SNS やメッセージアプリ、メール など ネット のやり取りで使われました。 悲しい時、気分がブルーな時、ショックを受けた、あるいは逆に嬉しい、ラッキー (うれし泣き・感涙) といった時にも使われ、泣き顔の絵文字や 顔文字 などと合わせて使われることが多いようです。

 元ネタ というかこの言葉の前提となるのは、マンガ などでしばしば使われる、小さい女の子が泣いている時の擬態語 「ぴえーん」 なのでしょうが、「ひ」 が濁音の 「びえーん」 ではなく半濁音の 「ぴえーん」 なのが、よりかわいらしさが強調されている感じです。

 擬態語としておなじみの 「ぴえーん」 ではなく縮まった 「ぴえん」 なのは、ネットスラングや若者言葉では比較的見かけるパターンで、長音符 (−) とか拗音 (小さいつなど) などを略して詰めることでテンポを変えたり、独特のかわいらしい音の感じになったり、文字数が減って使い勝手が良くなったりします。

ひらがな + 半濁音で、かわいく泣いている感じで大流行

 言葉としては2018年秋頃から使われるようになり、翌2019年には「JC・JK流行語大賞2019」(AMF) コトバ部門の1位、「2019年ギャル流行語大賞」(TWIN PLANET) の2位などに選出されています。 いちいち意味を尋ねなくてもマンガなどを読む人であれば意味やニュアンスが伝わるため、後には男女や老若を問わず、広くネット上で使われるようになり、ネットスラング としての認識もされているでしょう。

 その後、人気 YouTuber まあたそさんにより、「ぴえん」 より悲しみのレベルが高い言葉 「ぱおん」 も登場。 「ぴえんこえてぱおん」 などといった言い回しも登場し、合わせてそれぞれ流行しています。

 似たような使い方をする言葉には、「うるうる」(涙で目が潤んでいる状態)、「ぽろぽろ」(涙がこぼれている状態) などもありますが、いずれもマンガなどでおなじみの擬態語が元となっています。 また 「(泣)」「(涙)」「(悲)」 といったテキストベースのコミュニケーション符号とも使いどころは近しいでしょう。

 これらは悲しい時・嬉しい時、それぞれの意味で広く使われていますが、「ぴえん」 に関しては、本当に心から悲しい時、あるいは「号泣」 といった強い意味で使われることはほとんどありません。 例えば著名人などが亡くなった時に、アンチ煽り ならともかく、ファン が哀悼のつもりで 「ぴえん」 は使わないでしょう。

Twitterこのエントリーをはてなブックマークに追加FacebookLINEGoogle+

関連する同人用語・オタ用語・ネット用語をチェック

(同人用語の基礎知識/ うっ!/ 2019年2月22日)
破線
トップページへページの先頭へ

トップ
 旧同人用語メイン
 同人用語辞典 収録語 項目一覧表
 同人おたく年表
 同人関連リンク
 付録・資料
サイトについて
書籍版について
リンク・引用・転載について
閲覧環境
サイトマップ
のんびりやってます
フッター