同人用語の基礎知識

愛知県産業貿易館

トップ 同人用語 項目一覧 イベント会場 愛知県産業貿易館

大都市名古屋の産業を支える 「愛知県産業貿易館」

愛知県産業貿易館 「本館」
愛知県産業貿易館 「本館」

 「愛知県産業貿易館」 とは、愛知県名古屋市中区にある展示場や会議室を持った大型 公共施設コンベンションセンター のことです。

 施設は愛知県により1963年にオープンし、イベント が開催可能な展示場3つと大小特別あわせ17の会議室を持つ 「本館」(地上6階、地下3階建) と、その後1974年に作られた4つの会議室を持つ 「西館」(地上10階建) の、計2つの建物からなっています。

 展示場は本館の2階及び3階に第1から第3まであり、広さはそれぞれ第1(1,817.2m²/ 2階部分)、第2 (390m²/ 3階)、第3 (383m²/ 3階) です。 吹き抜けのある最大の展示場である第1は正方形の形をしていて、吹き抜けの周りを柱が囲み、展示スペースと人が歩く動線がうまく仕切られる形となっています。 さらに大きな受付案内用スペースも持っています。 また5階部分の特別会議室は別室に広間を持つ大きなもので、それぞれ広さは364m²と490m²となっています。

 会議室は部外者に賃貸させているもの、してないものがあり、外部利用可能なものは、次の通りとなります。 本館6階の会議室は第8(30m²)、第9 (22m²)、第10 (21.2m²)、第11 (31.9m²)、第12 (31.9m²)、第13 (31.9m²)、第14 (25.2m²)。 本館5階の会議室は、特別会議室 (364m²) のみ。 本館地下1階の会議室は第1 (44.4m²)、第2 (45.8m²)、第15 (91.7m²)、第16 (91.7m²)。 西館10階の会議室は、大会議場 (618.8m²)。 西館9階の会議室は西館第1(331.6m²)、西館第2(193.5m²)、西館第3(196m²)、以上です。

2009年に惜しまれつつ閉館…

背面から見た愛知県産業貿易館
背面から見た愛知県産業貿易館

 ただし展示スペースの構造を含め、施設の老朽化、無柱の展示場が増える中で旧式の施設となっていることで、近年ではいくぶん見劣りのする状態となっていました。 2009年に ウインクあいち (愛知県産業労働センター) が開館したため、2006年に閉館した 愛知県中小企業センター に続き、2009年の9月末で閉館となっています。

 名古屋や中京地区の 同人 関連では非常に重要な施設のひとつ、様々な 同人誌即売会 が長年にわたり開催されてきた歴史ある イベント会場 として親しまれてきましたが、これも時代の流れなのでしょう。

大型イベントからオンリーまで開催された歴史あるイベント会場

 「愛知県産業貿易館」 の交通アクセスとしては、地下鉄桜通線 「丸の内駅」 を下車、4番出口より徒歩10分、名城線 「市役所駅」 4番出口より徒歩10分、鶴舞線 「丸の内駅」 1番出口より徒歩10分、名城線・桜通線 「久屋大通駅」 1番出口より徒歩13分です。 市バスを利用の場合は、「外堀町通本町」 を下車すぐとなります。 駐車場を持ってはいますが収容台数が会場の規模、入場キャパシティに比べ小さいため、会場側でもイベント側でも、公共交通機関を使うように公式にアナウンスをしています。

 所在地・住所は〒460-0002 愛知県名古屋市中区丸の内3丁目1番6号、運営管理は財団法人あいち産業振興機構が行っています。 ちなみに 「愛知県産業貿易 会館」 じゃなく、「愛知県産業貿易 」 です。

この用語をブックマーク

関連する同人用語・オタ用語・ネット用語をチェック

(同人用語の基礎知識/ うっ!/ 2005年2月9日)
破線
トップページへページの先頭へ

トップ
 旧同人用語メイン
 同人用語辞典 収録語 項目一覧表
 同人おたく年表
 同人関連リンク
 付録・資料
サイトについて
書籍版について
リンク・引用・転載について
閲覧環境
サイトマップ
のんびりやってます
フッター