同人用語の基礎知識

アイコン

トップ 同人用語 項目一覧 アイコン

目印だったり象徴だったり…「アイコン」

 「アイコン」 とは、様々な物事を分かりやすく簡単な絵柄や イラスト で表すもの、それを目印や象徴、シンボルとして扱うこと、あるいはその図案、機能などのことです。

 中世・現代ギリシア語の 「イコン」 が基となるラテン語 「icon」 を英語読みしたもので、アメリカの哲学者チャールズ・サンダース・パースによる記号分類の一つとして概念が広まりました。

キャラクタユーザインターフェースで電子機器に広く普及

 その後、キャラクタユーザインターフェース (CLI) を採用したパソコンや ネット の各種サービスで使われるソフトウェアや機能の目印、起動のためのスイッチ (機能アイコン) や、利用するユーザーの目印 (ユーザー画像アイコン) などに対してこの言葉が使われ、現在ではアイコンといえばこちらの使用法の方が一般的でしょう。

 とくにパソコンやスマホ (スマートフォン) の画面にあるソフトやアプリの呼び出し・起動するためのアイコンや、例えば ツイッター のユーザーが自分のシンボルとしてアカウントに登録する ツイッターアイコン などは、電子デバイスを使う人にとっては毎日目にするものでもあり、とてもなじみ深いものです。

 こうしたケースでのアイコン使用は、それまでキーボードなどで命令文やコマンドを打ち込んで呼び出し・起動する場合に比べはるかに簡単、かつ分かりやすく使うことができ、またユーザーや人物を一目で認識することも可能で、使い勝手が向上すると云えるでしょう。

 なお元となったイコンという言葉は、現代ではキリスト教 (主に正教会) における宗教画を指す言葉として使われています。 イエス・キリストや聖人、天使の姿や、様々な宗教的な出来事を分かりやすく描いた絵画となります。

この用語をブックマーク

関連する同人用語・オタ用語・ネット用語をチェック

(同人用語の基礎知識/ うっ!/ 2005年11月22日)
破線
トップページへページの先頭へ

トップ
 旧同人用語メイン
 同人用語辞典 収録語 項目一覧表
 同人おたく年表
 同人関連リンク
 付録・資料
サイトについて
書籍版について
リンク・引用・転載について
閲覧環境
サイトマップ
のんびりやってます
フッター