同人用語の基礎知識

Web Money/ ウェブマネー
電子マネー

トップ 同人用語 項目一覧 ウェブマネー/ 電子マネー

クレジットカードがなくても、その場で決済できる便利な 「ウェブマネー」

 「Web Money (ウェブマネー)」 とは、インターネット 上で利用可能なプリペイド式の 「電子マネー」 の事です。

 多くの ネット の上の決済は原則的にクレジットカード払いに対応していますので、カードなどを持っていれば必要性をあまり感じないものではありますが、クレカと違い勝手に引き落とされることも、度数残高以上の請求をされることもなく、またカード情報や身元の特定につながる情報を相手に渡す必要もないため、ネット上で身を守るセキュリティの一環として、これらを積極的に利用する人も多いようです。

 同じような理由で、カードを持っていても 「銀行振り込み」 を選ぶ人もいます。 しかしこちらは手数料がかかる上に入金確認まで時間がかかるのが普通ですので、目に見える手数料なし、カードのようにその場ですぐに決済の可能なウェブマネーはとても便利なものです。

未成年でカードがない場合などに重宝します

 「ネトゲ」(「PSO」 や 「FF11」 などのネットワーク対応ゲーム) を ONLINE MODE (オンライン)でプレイしたり、「ハンゲーム」 の有料 コンテンツ などを利用する為には、プロバイダーへの 「インターネット接続料」、「回線利用料 (電話の通話料や常時接続利用料)」 の他、そのゲーム会社のオンラインサーバ (ゲームサーバ) を利用する為の接続料として、利用料 (課金) の払い込みをしなくてはなりません。

 その際、その ゲーム なり会社の利用サービスが 「ウェブマネー」 に対応している場合には、これで支払うことができるようになります。 多くのネットサービスが 「銀行振り込み」 などに対応していない場合が多いので、カード (クレカ) を持っていない人にとっては、とても便利で頼もしいアイテムと云えるでしょう。

 なお 「ウェブマネー」 の普及に伴い、ブログ の有料サービスやレンタルサーバの利用料金支払いに対応するサーバ屋さんや、一部のプロバイダ (isao.net など) が 「インターネット接続料」 の支払いにも対応するようになっています。

「ウェブマネー」 の購入は、コンビニや各種店舗で

 Web Money は大型パソコン・ゲームショップの店頭や、サンクス・サークルK・ampm などの一部コンビニのレジで直接購入出来ます。 ローソンやファミリーマートでも、端末 (Loppi や Fami ポート) が設置されている店舗なら購入出来ます。

 種類はカード式のものとシート式のものがあり、また 5,000 POINT 分の利用が出来る 5,000円のものと、2,000 POINT 分の利用が出来る 2,000円のものの2種類があります。 どちらにも ボーナス POINT のようなサービスはありませんので、必要な分だけその都度購入するようにしましょう。  なお中途半端な残高となったカード複数枚を、まとめて1枚にすることも出来ます (こちら です)。 残高の照会は、こちら で行えます。

 詳しい紹介が掲載されているホームページは こちら、お問い合わせ先は、

 ・ 株式会社 ウェブマネー
 ・ 東京都 品川区 上大崎 2-24-9 IKビル
 ・ 0120-364-033  …です (2002年12月14日現在)。

 使い方は至って簡単。 カード式の場合は、カード裏のスクラッチ (銀色) 部分をコインなどで削って 16 桁のスクラッチ番号を表示、利用時には、このスクラッチ番号を入力します。 シート式も同様に、与えられた番号を入力して使います。 残高などは番号を入力すれば、購入時に表示されます。

 なお一昔前の 「テレホンカード」 のように、ある種の実用性のあるノベルティ、あるいは収集グッズとして、ゲーム キャラ などが印刷されたウェブマネーも発売される場合があります。 ネトゲとして大人気を得た 「PSO」 デザインの Web Money なんてのもありましたね。 ハンター編のカードしか出ていないようですが…。 早くフォース編、レンジャー編も出して欲しいにょ〜。 どうせ買う物だし、味気ない統一デザインやシートのやつより、「PSO」 キャラがついている方がいいものなぁ…。

「ビットキャッシュ」、「ビットキャッシュEX」 なんてのも…

 似たような 「電子マネー」 にはこの他、後発の 「ビットキャッシュ」「ビットキャッシュEX」 なんてのがあります。 使い勝手は同じものなので、自分が使いたいサービスに対応している電子マネーを選ぶようにしましょう。 なお 「ビットキャッシュ」 と 「ビットキャッシュEX」 の違いは、「EX」 が年齢確認ありの電子マネーということになります (みるからにおっさんは顔パスですが、微妙な年齢の場合には、免許証などの身分証明書の提示を求められます)。

 たとえばアダルトコンテンツなど、18歳未満禁止、未成年禁止のコンテンツの場合は、「EX」 でなければ利用することができません。 逆に全年齢可サービスの場合、通常の 「ビットキャッシュ」 でも 「EX」 でもどちらでも利用可能なので、面倒なら 「EX」 で購入しておくと後で困りません。

 価格はどちらも同じです。

この用語をブックマーク

関連する同人用語・オタ用語・ネット用語をチェック

(同人用語の基礎知識/ うっ!/ 2002年12月14日の姉妹サイト ラグオル探検隊 解説文の再構成です)
破線
トップページへページの先頭へ

トップ
 旧同人用語メイン
 同人用語辞典 収録語 項目一覧表
 同人おたく年表
 同人関連リンク
 付録・資料
サイトについて
書籍版について
リンク・引用・転載について
閲覧環境
サイトマップ
のんびりやってます
フッター