同人用語の基礎知識

MO (ディスク)

トップ 同人用語 項目一覧 MO (ディスク)

同人の、一昔前のデータ入稿フォーマットの花形です

 「MOディスク」 とは光磁気ディスクの事で、それまでの フロッピーディスク などとは比較にならない大容量を持ちながら、3.5インチフロッピーとほぼ同じサイズ、同様に書き換えOKの使い勝手であるのが特徴の記録メディアです。

 容量は 128MBから 640MBまで様々で、CD-RWが一般化するまで、大容量データを手軽に保存・持ち運べるほとんど唯一のメディアとして広く普及しました (あまり一般的ではありませんが、5インチのものもあります)。

 同人誌などのカラー原稿の 印刷所 への 入稿MO入稿) には、このMOで行う場合が多いようで、CD−Rドライブ・ディスクが一般化した現在でも、デジタル創作活動を行う作家さんにとっては、持っていると非常に便利なフォーマットであると云えるでしょう。

様々なサイズがあり、DVD登場まで最大容量普及メディアとして使われたMO

 ディスクサイズ  記憶容量
 3.5インチ  128MB 230MB 540MB 640MB 1.2GB
  5インチ  1.2GB 2.6GB

 ちなみに最近でこそあまり見かけませんが、94〜96年頃までは、MOで供給されるCG集などの同人作品も存在していました。 フロッピに比べて余りに割高な為、当時でもあまり見かけませんでしたけど…。

 なお、記憶容量 (メディアサイズ) とドライブとの互換性は、次のようになっています。 同じ容量のメディアとドライブに互換性があるのは当然ですが、ドライブに対してメディアが小さい場合、上位互換で使える場合がほとんどです。 ただし Windows フォーマットと Macintosh フォーマットとの間では、互換性に微妙な適・不適合があります。

 記憶容量 (メディア) ドライブ
 128MB  230MB  540MB  640MB  1.3GB
 128MB
 230MB ×
 540MB ××
 640MB ×××
 1.3GB ××××
問題ありません。 またWindows フォーマットでも、Macintosh で読めます。
Windows フォーマットだと、Macintosh で読むことは出来ません。
×互換性がありません。 全く読めません。

「DTP」 の現場では、まだまだ現役の 「MO」

 CD-ROMDVD が安価な時代となって、めっきり使われることの少なくなった MO ですが、印刷業界では長く使われたメディアでもあるので、基本的に対応しているところが多いようです。

この用語をブックマーク

関連する同人用語・オタ用語・ネット用語をチェック

(同人用語の基礎知識/ うっ!/ 2000年6月27日)
破線
トップページへページの先頭へ

トップ
 旧同人用語メイン
 同人用語辞典 収録語 項目一覧表
 同人おたく年表
 同人関連リンク
 付録・資料
サイトについて
書籍版について
リンク・引用・転載について
閲覧環境
サイトマップ
のんびりやってます
フッター