同人用語の基礎知識

電子メディア同人作品/ 同人ソフト

トップ 同人用語 項目一覧 電子メディア同人作品/ 同人ソフト

1996〜 97年頃から、一気に本格普及しましたね

 「電子メディア同人作品」 とは、CG (コンピュータグラフィックス) やちょっとした自作の ゲーム のデータ、デスクトップアクセサリ (壁紙 やアイコン、スクリーンセーバー等) などなど、パソコン上で作られるデジタル電子データ同人作品を総称して呼ぶ名称です。 もしくは 「同人ソフト」 とも呼びますが、現在はこちらの方が一般的でしょう。

 一般に普及する以前からパソコンに飛びつく場合が多かった 同人 の世界の人々でしたから、同人イベント での フロッピーディスクMOCD-ROMDVD を媒体とする 頒布 や、また パソコン通信 のライブラリ、インターネットホームページ などで、一昔前より数多くの 作家 さんや サークル により広く制作・発表されていました。 コスプレイヤー さんの写真集を CD-ROM にしたような作品も結構ありますね。

 同人イベント等では、その場で内容のチェックを行えない場合がほとんどなので、持ち込みや頒布を認めない方針のものもありますが、たいていはスペースに並べる事が認められています。 もちろん、こうした 「電子メディア同人作品」 を専門・中心とした、同人イベントもあります。

ゲームや音楽 CD、さらにアニメ化や映画化するお化け作品も

 パソコンの本格普及に伴い、同人サークルの作ったゲームなどが思わぬ大ブレイクをするケースが増えています。 ストーリーや (CG) に凝っているだけでなく音楽などに凝ったり、プログラミングの腕でゲームとしての完成度も高かったり。

 紙芝居のようなエロを扱うオカズとしてのアドベンチャーゲームが多いのですが、シューティングやパズル、戦略SLG、さらにはポリゴン3Dの格闘ゲームやシミュレーターゲームなどなど、アーケードゲームやコンシューマーゲーム機向けソフトにあるような ジャンル はほぼ網羅しているような感じです。 同人作家や おたく と呼ばれる人には実際にゲーム開発会社で働いてる人も結構いますので、商業作品顔負けのクオリティの作品も近年とても多くなっています。

 とりわけ 2000年の冬コミ 「コミケット59」 に同人サークル 「TYPE-MOON」 が頒布した同人ソフト 「月姫 (つきひめ)」 完全版 (予告版などは1999年コミケより継続的に発表) や、2002年の夏コミ 「コミケット62」 で同人サークル 「07th Expansion」 が頒布した同人パソコンサウンドノベルゲーム、「ひぐらしのなく頃に 〜鬼隠し編〜」 は、別格とも云える大ブームを同人の世界にもたらしました。

 同人作品をモチーフとした同人作品 (同人の同人 などと呼びます) が溢れ、後にどちらも商業展開。 一般でも話題となり、高く評価されました。

うちのサークルはパソ通あがりなので、同人ソフトが最初でした

 ちなみにうちのサークル、喫茶《ぱらだいす☆あ〜み〜》 は、元々がパソコン通信の集まりから発展したサークルだった事もあり、一番最初の同人作品は、96年4月に出したCG集 (フロッピ) でした。 当時はそれしか売り物がなく、その頃は 「同人誌のない同人サークルなんて」 との雰囲気が非常に強かったので (現在でもその傾向は多分にあり、それは間違いなく大正論なんですが)、妙に肩身の狭かった思い出があります (^-^;)。

 結果的に オフセット本コピー本 をその後何冊も出すことになりましたが、パソコンを前にシコシコと同人ソフトを作り、みんなでビニール袋なんかに入れてパッケージするのは、結構楽しかったなぁ…。

この用語をブックマーク

関連する同人用語・オタ用語・ネット用語をチェック

(同人用語の基礎知識/ うっ!/ 2000年2月7日)
破線
トップページへページの先頭へ

トップ
 旧同人用語メイン
 同人用語辞典 収録語 項目一覧表
 同人おたく年表
 同人関連リンク
 付録・資料
サイトについて
書籍版について
リンク・引用・転載について
閲覧環境
サイトマップ
のんびりやってます
フッター