同人用語の基礎知識

スタッフ用封筒/ 青封筒

トップ 同人用語 項目一覧 スタッフ用封筒/ 青封筒

噂では当選確立9割以上とのアレも…「スタッフ用封筒」

 「スタッフ用封筒」 とは、コミケ に 「スタッフ」 として参加した人 (スタッフ参加 した者) だけが入手出来る、特別な 「配置用データ郵送専用封筒」 の事です。

 一般の サークル参加者 が手にするものは薄いピンク色をしていますが、こちらは薄い青色の紙で作られており、「青封筒」 とか 「水色封筒」 とも呼ばれます。 「ホントにあるらしい…」 「でも噂でしょ」 「以前はあったけどもう廃止になったのでは…?」 みたいな話が昔からある封筒ですが、もちろん実在しています (2003年夏用現在)。

スタッフ用封筒(青封筒)裏表  色の違いの他、封筒裏面の各種データ類の記入欄上部には、スタッフID、前回開催時の担当場所、及びスタッフ氏名を記入する欄と、それらに対する注意書きのあるのが、一般用のものとは異なる点です。

 注意書きは、「本封筒は、スタッフ用です。 利用前に必ずスタッフID、担当、登録されているスタッフ氏名の自署をお願いします」 …となっています (封筒以外の申込書セットの内容は、全て同じです)。

 ところで、手したスタッフ本人が自署を求められるのは上記の欄だけで、サークル参加の申込み書自体は、別人が別人の名義・署名で記入しても構いません。 したがって、スタッフ本人外のサークル関係者が、利用する事も可能な封筒となっています。 まぁ、スタッフの多くは1度きりでなく、継続してスタッフとして頑張る人が多いので、本人以外が使えなければ意味がない訳ですね。

「青封筒」 の入手方法や詳細は…

 この通称 「青封筒」 の入手方法、これを利用しての申込みの取り扱いについての詳細は、公式的にあまりアナウンスされていない事もあり不明ですが、抽選の当落に関しては、まぁ常識的に考えて一般の申込み封筒の利用よりは多少なりとも有利に扱われる可能性があると判断するのが妥当でしょう (筆者は、あからさまな内容不備をしていない利用者で、落ちた人を知りません (^-^;)。

 入手方法はもっぱら、スタッフ参加している知人からの譲渡になると思いますが、その意味で、スタッフ、もしくはスタッフに知り合いのいない方や、スタッフとして頑張りたいけど居住地域の関係で泣く泣く諦めている…なんて方のサークル参加希望者にとっては、ちょっと不公平に感じる存在かも知れませんね。 まぁイベントは勝手に開催できるものではなく、大勢のボランティアスタッフがいてやっと開催されるものなので、労苦を惜しまず協力したスタッフに、何らかの便宜があるのは当然との見方もありますけど…。

 なお、2003年夏 (コミックマーケット64) より、一般のサークル参加当選者に送付される サークルチケット などが入った封筒も、大型化し青色の紙で作られたものになりました。 こちらも 「青封筒」 とか、当選した代名詞として 「青封筒が来た」 などと呼ぶようになっていますので、今後 「青封筒」 と云えば、こちらを指すようになるのかなと思います。

 またオンラインでのサークル参加申し込みに関しては、スタッフIDや名前を入れる項目が入力画面に存在しませんので、それを伝えるために入力画面での申し込みのほかに、封筒のみを郵送したりします。

特別な当選枠や、絶対当選封筒のような噂も…

 ちなみにコミックマーケットそのものや、その運営に格段の貢献のあったサークル、あるいは一部の超大手など当落がコミケの運営管理に直接間接に大きく影響を及ぼすようなサークルに関しては、別枠での短期・個別な当落調整や、俗に 「絶対封筒」 とも呼ばれる応募での配慮はあるようです。

 また封筒とは直接関係がありませんが、「コミケ」 第一回を 主催 した同人サークル 「迷宮」 は、その後も抽選からは除外されており、恒久的な スペース の確保がなされています。 蛇足ながら、公式アナウンスもされていますが、連続で落選したサークルの応募の場合にも、それなりの当落調整の配慮はされています。 ここらは公平を努力しつつも、ある程度は 「お互い様」 の世界の話だと思いますので、あまり感情的に優遇措置を敵視するのもどうかと思います。

この用語をブックマーク

関連する同人用語・オタ用語・ネット用語をチェック

(同人用語の基礎知識/ うっ!/ 2001年11月10日)
破線
トップページへページの先頭へ

トップ
 旧同人用語メイン
 同人用語辞典 収録語 項目一覧表
 同人おたく年表
 同人関連リンク
 付録・資料
サイトについて
書籍版について
リンク・引用・転載について
閲覧環境
サイトマップ
のんびりやってます
フッター