同人用語の基礎知識

L5発症
雛見沢症候群

トップ 同人用語 項目一覧 L5発症/ 雛見沢症候群

「L5発症」 とは、雛見沢症候群に感染し発症した末期状態のことです

 「L5発症」 とは、錯乱し怒りに我を忘れて超攻撃的になっている状態、疑心暗鬼に陥り見境がなくなった暴力的で残忍、無慈悲、猟奇的な衝動や、病的な自傷行為、またはそうなっている人を指す言葉です。

 似た意味と使われ方をする若者言葉としては 「ブチギレ」「発狂」、それ以前の似た言葉としては 「暴走モード」(新世紀エヴァンゲリオンのそれに由来)、ヤンデレ としての 黒化「黒姫化」 などがあります (初期のニュアンスはかなり違うんですが、ネットおたく の界隈で流行り言葉として使われるようになり、意味が拡散しています)。 また同じ 「ひぐらし」 の言葉で、「オヤシロモード」 などとも呼ばれます。

 なお 「L5」 の直接的な言葉の意味は、「レベル5」(Level 5) になります。 元ネタ での最高レベルが 「5」 なので、最高レベルに達して 「発症」(潜伏ではない) したことになります。

元ネタは 「ひぐらし」 から…(以下、一部ネタバレありますのでご注意)

 元ネタとしては、2002年8月9日〜11日に開催された 「コミケット62」 で第一作が 頒布 された 同人サークル 「07th Expansion」 製作の推理ホラー 「同人ゲーム」、「ひぐらしのなく頃に」(ひぐらし) に登場する架空の伝染病 「雛見沢症候群」 の感染・発症レベル (基本は1〜5の五段階、L1- から、L5+ と、プラマイの触れ幅がある) の最高レベル、「5」 に由来します。

 2002年の夏コミで登場した 「ひぐらしのなく頃に 〜鬼隠し編〜」 は、その後続編が次々と作られ、人気が爆発。 これを原作とする マンガアニメ、小説や ラノベ、映画までが作られる大ヒットとなりましたが、そのストーリーの根幹部分をなす重要な設定のひとつが、雛見沢症候群の存在でした。

 なおこの 「ひぐらしのなく頃に」 は、「謎解き」 を楽しむ作品ですので (ゲームをクリアするというより、ゲームが終わった後にあれこれ想像することが楽しい)、あまり詳しい解説はしない方が良いでしょう。 面白い作品、しかも 「おたく」 や 同人 の界隈で一時代を代表するようなとても大きな作品ですので、ぜひ自分で確かめてみてください。

Twitterこのエントリーをはてなブックマークに追加FacebookLINEGoogle+

関連する同人用語・オタ用語・ネット用語をチェック

(同人用語の基礎知識/ うっ!/ 2008年2月10日)
破線
トップページへページの先頭へ

トップ
 旧同人用語メイン
 同人用語辞典 収録語 項目一覧表
 同人おたく年表
 同人関連リンク
 付録・資料
サイトについて
書籍版について
リンク・引用・転載について
閲覧環境
サイトマップ
のんびりやってます
フッター