同人用語の基礎知識

淫乱オチ/ 下克上オチ

トップ 同人用語 項目一覧 淫乱オチ/ 下克上オチ

最後の1ページでどんでん返しの淫乱オチ

 「淫乱オチ」 とは、物語の結末で登場する キャラクター受け攻め との立場が入れ替わり、「も…もう勘弁してくれぇ〜」 といったセリフを攻めキャラが絶叫しながら終わる マンガ の事です。 「下克上オチ」、あるいは 「受け」 キャラが女性の場合、「痴女オチ」 などとも呼びます。

 通常のマンガでは、キャラクターの性格設定はよほどのことがないと変わらないものですが、エロマンガ、いわゆる 18禁 マンガでは、かなり頻繁に見かける 「オチ」 の着け方としてポピュラーな結末といえます。 たいていは、最初は哀れな 「受け」 キャラがどんどん快感に身もだえ興奮して乗ってきて、「攻め」 キャラに 「もっともっとぉ〜」 とおかわりを要求し、度重なる要求に 「攻め」 キャラがやせ細って 「た…助けて…もう粉もでましぇ〜ん…」 なんて助けを求めて終わるようなオチになります。

 最初にこうした 「オチ」 をエロマンガで着け始めたのが誰なのかはわかりませんが、落語の世界でも、浮気した男や女泣かせの色男が後で酷い目に遭う…なんてお話は結構ありますので、エロ話、艶話の様式、ある種の 王道 として普遍性があるんでしょうね。

コミカルなオチで、途中までの鬼畜表現を緩和

 こうした 「オチ」 が良く作られる理由として、ひとつには、陵辱系 などの 「無理やりエッチする」 タイプの物語だと、どうしても重く、また悲惨なストーリーとなってしまうので、読後感を良くし 「ギャグタッチ」「お笑い」 で物語を〆るのに都合の良い 「どんでん返し」 だからでしょう。

 「陵辱系」 や 鬼畜系 の作品は、そのままストレートに描くと 「救いがない」 状態になりがちですし (そういう救いがない作品が鬼畜の本道なんでしょうけど)、結局のところエッチはする訳ですが、「受け」 キャラが主導権を奪い取ることで、悲惨さがかなりなくなります。

 なおこれらの物語様式は、カップリング とは別途に考えるべき カテゴリ のもので、例えば特定作品で1度や2度攻守が入れ替わったからといって、リバーシブル とは普通呼びません。 ただし、リバーシブル (リバ) 傾向のある組み合わせで比較的見かける 「オチのつけかた」 ではあります。

この用語をブックマーク

関連する同人用語・オタ用語・ネット用語をチェック

(同人用語の基礎知識/ うっ!/ 2000年7月16日)
破線
トップページへページの先頭へ

トップ
 旧同人用語メイン
 同人用語辞典 収録語 項目一覧表
 同人おたく年表
 同人関連リンク
 付録・資料
サイトについて
書籍版について
リンク・引用・転載について
閲覧環境
サイトマップ
のんびりやってます
フッター