同人用語の基礎知識

調教

トップ 同人用語 項目一覧 調教

芸を仕込む、一人前に育ててやる…みたいな意味です

 「調教」 とは、SM の世界で サディスト (Sadist) であるご主人様、もしくは女王様などが、奴隷やその候補を体罰や精神的な責め、性的な加虐行為で躾け、意のままとなるよう仕込んでゆくことです。

 英語ではそのまんまのトレーニング (Training) となりますが、もっぱら競馬における競走馬の飼育や調整、教育や、サーカスで曲芸を行う動物へのトレーニングを指す言葉の転用で、アイテムとして頻繁に動物相手に使う鞭や首輪などが登場します。 要するに 「お前など人間ではない」 というわけですね。

 創作の物語の世界なら意味はシンプルで、それこそ肉体の痛みと絶望によって奴隷に身の程を思い知らせ、抵抗する気力がなくなるまで責め立て屈服させるような意味になりますが、現実世界で相手の意思に反してそれを行ったら当然犯罪ですから、SMプレイとしては、あくまで奴隷 (マゾヒスト (Masochist) とご主人様・女王様、両者合意の上でのSとMの加虐プレイの単なる異名のような感じです。 似たような使われ方をされる言葉に、「お仕置き」 なんてのもありますね。

 ただし真正のS、M同士であっても、互いのレベル、到達点や目標点が異なる場合は、どちらかが相手を 「調教」 し、自らが望む高さ (低さ) へと相手を追い込む必要があるようです。

SM用語を離れ、ある種の慣用句化も

 パソコンを改造したり、使いやすくセットアップしたり、あるいは車やバイク、自転車、楽器や道具類やらを自分好みにチューンナップしたりドレスアップすることを、「調教」 と呼ぶ場合もあります。 とりわけ 「パソコン」 関係は、調教 ネタ が豊富なエロゲーを楽しむ おたく な人が多いこともあり、わりとよく見かけるポピュラーな表現ともなっています。

 なお調教する場合、S側の人間の立場や設定によって、調教の際の口調などは微妙に変わります。 館の主や女王様の場合は、高貴な責め言葉が定番です。 「フフフ…どこまで我慢できるかな」 とか、「オホホホホ、靴をお舐めなさい」 なんてのがお約束でしょうか。

 一方、奴隷商人や見世物小屋の主、農奴の取りまとめ役などは、下卑た含み笑いをしつつ乱暴な責めを行うのが特徴でしょうか。 「ぐふっ、ぐふっ、口じゃ嫌だといってるが、体は正直だのぉ…」 みたいな感じでしょうかね。

 日本独特とも思う 痴女 のM男 調教などでは、世間で広まっている 「ギャル語」 による罵倒が基本で、「テメー」「キモイんだよバカ」「死ねよ」 という、罵詈雑言が特徴だったりします。 もっとも痴女の場合、M男は他のケースに比べよりいっそう 「単なる玩具」 というスタイルを取りますから、あまり調教とは呼ばないようです。

この用語をブックマーク

関連する同人用語・オタ用語・ネット用語をチェック

(同人用語の基礎知識/ うっ!/ 2004年10月16日)
破線
トップページへページの先頭へ

トップ
 旧同人用語メイン
 同人用語辞典 収録語 項目一覧表
 同人おたく年表
 同人関連リンク
 付録・資料
サイトについて
書籍版について
リンク・引用・転載について
閲覧環境
サイトマップ
のんびりやってます
フッター