同人用語の基礎知識

NTR/ 寝取られ

トップ 同人用語 項目一覧 NTR/ 寝取られ

大切なものを汚されることに興奮する独特な感覚、鬱勃起 を誘う 「NTR」

 「寝取られ」(NTR) とは、恋人や配偶者、愛人、時には親や姉妹 (兄弟)、幼馴染 などの 「大切な人」(女性、男性問わず、また異性同性問わず) に対し他人が性行為を行うこと、文字通り 「寝取られる」 ことを表す言葉です。 ローマ字略語 で 「NTR」(Ne To Rare) とも呼びます。 セックスなどの性行為にまで行かなくても、広義で寝取られとされる場合もあります。

 一般的に大切な恋人などが寝取られる、例えば浮気された、無理やり犯された…なんてことはあって欲しくないと考えるのが普通でしょうが (本来の意味の 「寝取られ」 の場合、無理やりは除外です)、こうした状況に背徳的で自虐的な興奮 (大切なものが汚されることによる、ある種のカタルシス、独占欲をつつかれプライドを砕かれるマゾヒスティックな愉悦、鬱勃起) を覚える人も少なくないようで、こうした傾向を持つ作品などは、結構な人気や需要を持っているようです。

 創作物のパターンとしては、善人で彼女のことが本当に大好きで大事にしている主人公の男の真意がわからず、どうでも良い薄っぺらい通りすがりのアホ男の甘言に乗せられ喜んで 処女 を捧げてしまう純真だったはずの淫乱じみた彼女…その姿を見て主人公呆然…とか、夫婦生活に物足りなさを感じる妻が、自宅に侵入してきた強姦魔に襲われ夫の目の前で犯される…しかし妻はそこに夫との夫婦生活では得られない快感を覚え喜びに咽び泣き、それを見せつけらた夫が自分のあまりの無力さに呆然…なんてのがお約束パターンです。 とりわけ女性が 「堕ちてゆく」 行程の描写に、魅了されているケースが多いものです。

 なお男の恋人が女性だったとして、同じ女性に寝取られるのは 「レズ寝取られ」、相手が 触手 だったり動物だったりした場合には 「動物寝取られ」「モンスター寝取られ」 なんて個別に呼ぶ場合もあります。 いきなり男に寝取られるものと違い、レズ の場合はソフトな描写となっているものも多く、ある意味で初心者向けの寝取られともいえるかも知れません。

理解し難いと思いつつ、見渡すと結構この趣味の人がいそうな気配

 現実の世界でも、「スワッピング」(恋人を交換するプレイ) などでは、「自分が違う異性とやりたい」 という欲求も当然あるのでしょうが、中には自分の恋人が目の前で犯されることに興奮を覚えるタイプも少なくないようで、「寝取られ」 や 「NTR」 は、言葉としても比較的ポピュラーな表現となっていますね。

 例えば自分の性器が役に立たない (勃起しない) などの男性が、自分の妻などを他の男性に任せ、妻が他人の腕の中で悦楽にふけるさま、アクメ顔 となるさまを見て満足したり (自らの卑屈さを際立たせて自虐的な満足となる描写も多い)、好きな キャラ がどこの誰かも分からない男に 陵辱 され、茫然自失、レイプ目 となっているのを悦ぶパターンもあります。 現実の世界では犯罪行為になるような性の営みでも、創作物の世界は自由ですから、背徳、禁断の刺激、喜びを、こうした作品で味わう ファン も結構いるようです。

 またここまで極端でなくとも、現実の人生の中で自分の元彼女が自分よりかっこいい男性と楽しげに歩いているのを偶然見かけ、悲しく怒りも感じるけれど、でも妙な性的好奇心、卑屈な喜びを覚えてしまうなんてケースも、人によってはあるでしょう。 また現実は嫌だけど、創作物の世界、擬似の話ならなんとか…という、ある種の 「怖いもの見たさ」 の欲求を適えるものでもあるのでしょう。

 いろいろな意味で屈折した感情ではあり、わからない人にはまったくわからない性癖や考え方だったりもしますが、言葉として広まっている以上、それなりの需要やファンはいるのでしょうね。

NTR に近い言葉で、カンダウリズム なども

 なお恋人や愛人、妻の裸体などを他人に見せたり、時には性行為などを行わせたりすることは、カンダウリズム などと呼ぶ場合もあります。

この用語をブックマーク

関連する同人用語・オタ用語・ネット用語をチェック

(同人用語の基礎知識/ うっ!/ 2004年2月10日)
破線
トップページへページの先頭へ

トップ
 旧同人用語メイン
 同人用語辞典 収録語 項目一覧表
 同人おたく年表
 同人関連リンク
 付録・資料
サイトについて
書籍版について
リンク・引用・転載について
閲覧環境
サイトマップ
のんびりやってます
フッター