同人用語の基礎知識

編集

トップ 同人用語 項目一覧 編集

「編集」 とは、一冊の本を設計し、作ってゆく作業です

 「編集」 とは、同人誌 などを作るために 原稿 を集め、それを組み合わせ、締め切り までに1冊の本の形に作ってゆく作業のことです。 映画や MAD などの映像作品を作ることも編集と呼ばれますが、ここでは 「本の編集」 について触れることとします。

最低限やらなくてはならない 「編集」

 物理的な作業 (実務) としては、本の 「設計図」 とも云える台割り を作り、それに沿って内容をチェックした原稿を1ページごとにレイアウト (割付) し、それぞれをページ順に並べて整理し、ノンブル と呼ばれる通し番号を振り、表紙本文 を整え、印刷所 などに 入稿 するまでの一連の作業となります。 出版社などの業務編集の場合、装丁や製本まで全てを含める考え方もありますが、同人誌などの場合は、原稿を印刷所に入れる=入稿までが、実質的な 「編集」 でしょう。

 ただしこれらは本当に 「最低限やらないといけないこと」 で、実際の編集はもっと複雑で面倒なものです。 最初に 「どんな本にするのか」 という企画を練る必要がありますし、その企画が決まったら、それに沿って原稿を集め、集まった原稿を組み立てる必要があります。 単に 「原稿が集まったからまとめました」 でも 「同人誌レベル」 なら問題はないのですが、複数人で一冊の本を作ったり、傾向の異なる作品が集まった場合など、編集のよしあしで作品がぐっと魅力的になったり、逆に散漫でつまらないものになったりもします。

複数人で作る 「同人誌」 では、編集者がやる仕事も加速度的に増加

 また個人で自分の原稿を集めて本を作る場合と異なり、複数人での作業の場合は、「原稿を集める」 こと自体も、結構大変な作業です。 みんなが 「締め切り」 を守ってくれれば問題はありませんが、実際は遅れる人が出たり、最悪原稿が期日までに集まらなかったり、ページ数が増えたり減ったりもします。 一度 「台割り」 で面付けまでしていると、ページ数の変動には他のページを削ったり、別の原稿を付け足したりしなくてはなりません。

 全てを自分ひとりだけでやる 個人誌 でしたら自分の思うようにやれますが (まぁ締め切り、時間との戦いなのはどんな形であれ一緒でしょうけど)、他人の原稿が加わると 「掲載の順番」 などにも気を使わないといけませんし、かなり大変だと思います。

 一般的に編集に対する責任者を 「編集長」 と呼びますが、こと同人に関する限り、単なる雑用係、御用聞きだったりするのが辛い感じです。 まあ好きこのんで編集ばかりやってる奇特な人もいますけど。

この用語をブックマーク

関連する同人用語・オタ用語・ネット用語をチェック

(同人用語の基礎知識/ うっ!/ 1999年2月12日)
破線
トップページへページの先頭へ

トップ
 旧同人用語メイン
 同人用語辞典 収録語 項目一覧表
 同人おたく年表
 同人関連リンク
 付録・資料
サイトについて
書籍版について
リンク・引用・転載について
閲覧環境
サイトマップ
のんびりやってます
フッター