同人用語の基礎知識

ノンケ

トップ 同人用語 項目一覧 ノンケ

その気がない… Non 気で 「ノンケ」

 「ノンケ」 とは、異性愛者 (男女の組み合わせを好む男性もしくは女性) を指す言葉です。 つまり恋愛対象やパートナーに望む相手が、異性であるのを好む人となります。 語源ですが、同性愛者から見た時に、「その気がない」、すなわち 「Non 気」 であると判断され、そのまま 「ノンケ」 と呼ばれるようになりました。 ストレート、ノーマル、ヘテロ、一般人 などとも呼びます。

 元々は、日本の ゲイレズ などの同性愛者が 1960年〜1970代頃から使い始めた言葉で、ある種の隠語のようなものでした。 しかし 同人 の世界では、むしろ同性同士の組み合わせ、カップリング が多かったこともあり、コミケ 界隈でも頻繁に使われるようになりました。

 ただし、創作物、ファンタジーとしての やおい と現実の同性愛とは全く違うという考えも、同人関係者、あるいは同性愛者の方でも強く (そうでない人も多い)、リアルな同性愛の現場で使われている隠語や シチュエーション (例えば 「ハッテン場」 や 「ウリ専」 など) を、無意味に生々しいとしてことさらに 「やおい」 作品中に使うのを避ける空気もあります。 一方で、イケメン のように、完全に一般用語になったような言葉もあります。

体は女だけど心は男…その場合は同性愛?

 なお自分の 「性自認」(自分が男なのか女なのかの意識) とは違う性を望む相手に限ると厳密に定義する場合もあります。 例えば 「性同一性障害」(Gender Identity Disorder) などで体は女だけれど心は男、などという場合には、女性をパートナーとしていても、狭義では 「ノンケ」 となります。 体についているものより、内面のありよう、「心」 が何より重要視される訳です。

 さらに云うと、パートナーが 「相手が好きだから身を委ねる」 のか、「同性愛者で相手が好きだから身をゆだねる」 のかは、似ているようで大きく違う問題です。 しばしば同性愛経験のない同性愛者の場合、ここらが本人にはわからない場合もあり、「先輩であるタチ役(攻め)」 が、それを正しく判断すべきとの認識もあります。

 ここらは異性愛であっても、例えば男性側が積極的な女性からの求めを、相手のことを心から考えて、あるいは自分の行為によって汚したり、壊したりすることに怯えてあえて拒否するなんてケースと同じですね。 必ずしも 「ベッドを共にする」「互いの裸を確認しあう」「肉体関係を結ぶ」 のが、最高の愛情表現とは限りません。

リアル同性愛者の引くべきラインと、創作物のアレ

 性の営みは、それが異性愛であれ同性愛であれ、両者の合意が大前提です。 また仮に互いが信頼し合い愛し合っていたとして、それがベッドを共にする感情であるのかないのかとは、また別の問題です。 一般的には同性愛者がそれと知って 「ノンケ」 に手を出すのはご法度とされ、それとなくシグナルを出して 「ノンケ」 だと判断したら身を引く、ってのが、不文律のルールのようになっているようです。

 ただし 漫画アニメ の創作物では、「ノンケでもかまわず食う」 的な キャラ が、しばしば登場します。

この用語をブックマーク

関連する同人用語・オタ用語・ネット用語をチェック

(同人用語の基礎知識/ うっ!/ 2002年12月16日)
破線
トップページへページの先頭へ

トップ
 旧同人用語メイン
 同人用語辞典 収録語 項目一覧表
 同人おたく年表
 同人関連リンク
 付録・資料
サイトについて
書籍版について
リンク・引用・転載について
閲覧環境
サイトマップ
のんびりやってます
フッター