同人用語の基礎知識

薔薇/ 薔薇族

トップ 同人用語 項目一覧 薔薇/ 薔薇族

やおいに近いようで実は遠い薔薇…ゲイの世界

 「薔薇」(ばら) とは、いわゆる ゲイ (Gay/ カミングアウトした同性愛者) の事です。

 ただし 同人 の世界での 「薔薇」 モノと云う場合は、男性作家による男性の 読者 向けの作品に、限定されるケースがほとんどです。 女性作家の多くが描き手だったり読み手だったりする やおい などとは、本来は全く違った ジャンル だといっても良いでしょう (ナマモノ同人系を中心に、ジュネ/ JUNE系も薔薇や さぶ、サムソン系など色々なジャンルや カテゴリ がありますが、とりあえずどれでもOKって人も少なくはないですけど)。

 男性作家による レズビアン モノが、百合 系の女性作家や ファン にあまり受け入れられないように、同性愛であるがゆえにか、明確な方向性の性差があるらしいのは興味深いです。 もっとも同じ男性同性愛を表現するとしても、やおい や BL などと比べてひときわロマンチックな呼び方ですし、そうしたジャンルの作品に薔薇などがモチーフとして盛んに利用されている状況もあり、後になればなるほど、少なくとも同人の世界では、やおいや BL と意味の混濁がなされるようにもなっています。

 花の名前を冠した名称の場合、薔薇=やおい=ゲイ、百合=ビアン=レズってのが分かりやすい分類ですが、個人的には 同人作家 や読者の傾向からすると、薔薇と百合、やおいとビアン、ゲイとレズとの親和性が高いと思います。 重要なのは 「性別」 ではなく、その 「方向性」 や 「行動様式」 なのかな、みたいな。 ただしここいらは作家によってもまるで違っていたりもするので、あんまり当てにならない話ではありますが… (;_;)

男性同性愛者は薔薇の木の元で愛を確かめ合う…薔薇の語源はロマンチックです

バラ  日本における 「薔薇」 の直接的な語源は、1968年11月1日に創刊された三島由紀夫が関っていた伝説的な雑誌 「血と薔薇」、およびギリシャ神話オイディプス王伝説をモチーフに、新宿2丁目とゲイバー 「ジュネ」 を舞台とした映画 「薔薇の葬列」 (1969年9月13日/ 脚本・監督/ 松本俊夫) のタイトルからです (主演はピーターこと当時16歳の池畑慎之介さん)。

 これら一連の作品に薔薇が使われた由来としては、「古代ギリシャでは、男性同性愛者は薔薇の木の元で互いの愛を確かめ合った」 と云う、とてもロマンチックで甘美なものがありました。 と同時に薔薇は、血や死、傷、刀、倒錯、悲劇などを象徴するにふさわしいモチーフでもあったのでしょう。

 この雑誌や映画は、1960年代末の退廃的で混乱した雰囲気の中、一部のクリエイターや芸術家たちの間で話題となり支持され、その後有名なゲイ雑誌 「薔薇族/ THE BARAZOKU」 (創刊/ 1971年7月/ 編集長/ 伊藤文學氏/ 1932年3月19日〜/ 現ロマンの泉美術館館長) の誌名の元にもなっています。 一般にも薔薇の名称が広まったのは、この 「薔薇族」 の創刊からでした。 これら一連の流れ以外にも、それ以前に薔薇という言葉が使われたこともあるのでしょうが、こんにち日本でいう薔薇名称は、これがルーツといって良いのでしょう。

 ちなみに ネット で人気のあるホモマンガに、ウホッ! いい男… やらないか などのセリフで有名な山川純一 (ヤマジュン) さんがいますが、彼の マンガ が掲載されていたのが、他ならぬ雑誌 「薔薇族」 (1982年頃より) でした。

 なお薔薇の対義語は異性愛 (ストレート/ ノーマル) を示す ノンケ、ヘテロ、もしくはレズを示す 「百合」 となります。 これらはそれぞれに独特の異なるニュアンスを持っている場合もあります。

この用語をブックマーク

関連する同人用語・オタ用語・ネット用語をチェック

(同人用語の基礎知識/ うっ!/ 2002年12月16日)
破線
トップページへページの先頭へ

トップ
 旧同人用語メイン
 同人用語辞典 収録語 項目一覧表
 同人おたく年表
 同人関連リンク
 付録・資料
サイトについて
書籍版について
リンク・引用・転載について
閲覧環境
サイトマップ
のんびりやってます
フッター