同人用語の基礎知識

底辺/ 底辺絵師

トップ 同人用語 項目一覧 絵師 底辺/ 底辺絵師

地を這う閲覧数、評価ポイント… 「底辺」

 「底辺」 とは、ピコ などと同様、弱小だったり注目を集められないサークル、絵描きさんのことです。 そのまま 「底辺絵師」「底辺イラストレーター」 などと呼んだりもします。

 こうした境遇にいる サークル作家 を表す言葉にはいろいろありますが、とりわけ最近になって 「底辺」 と呼ぶ場合は、イラスト コミュニケーションサービスサイト、SNS 「pixiv」(ピクシブ) などで、閲覧数の少ない人、評価ポイントの少ない人 (どちらも2桁前半)、マイピクを申し込まれないとか、お気に入りに入れてくれるユーザがいないなんて人、そしてその理由は、自分の が下手だからだ…なんて思っている 絵師 さんを指す場合が多いようです。

他人を罵倒する言葉ではなく、主に 「自称する表現」 です

 「誰にも見てもらえない」「絵が下手だ」 とは、なんとも厳しい状況ですが、多くの場合は他人を貶したり罵倒するために使うのではなく、自分自身を自虐的に指す自称の言葉となっている点が特徴でしょうか。 ここらは 「ピコ」 や 「小手」 なんかも同じですね。

 「底辺」 の場合は、前述した 「pixiv」 の場合ですと、サイト内部で 「パーソナルタグ」 として使ったり、掲示板 2ちゃんねる の 「pixiv」 関連スレッド (2008年4月10日に立った 「pixiv(ピクシブ)下手っぴ絵師のスレ」 やその後継スレッド 「pixiv (ピクシブ) 底辺スレ Part2」) などで、そのままの意味で使われたりします。

 ところでこの種の 「自虐名称」 は何も同人関係だけでなく、アクセス数の伸びない ホームページ (ウェブサイト) の管理人などの愚痴の一種としてお約束ですし、「底辺」 という表現自体も、自分が登録した画像のダウンロード数が表示される パソコン通信 時代のイラスト関連の集まりなどでも見られていました。

 いずれにせよ一部の人気がある 「絵師」 やサークルは、一桁どころか二桁三桁を超えるような閲覧数や 頒布数 を稼いでいたりしますし、自分の絵と比べると巧かったり魅力的だったりもするので、いきおい自虐的にもなるって感じなんでしょうか。 同じ境遇にいる人との会話も、しばしば否定的に 「傷の舐めあい」 などと呼び方もしますが、それはそれとして結構楽しいものですw

 うちのサークルも弱小に踏み潰される弩級の弱小でしたし、筆者の絵はヘタレ中のヘタレだったので、いやほんと、その気持ちは痛いほどわかる感じです…。

この用語をブックマーク

関連する同人用語・オタ用語・ネット用語をチェック

(同人用語の基礎知識/ うっ!/ 2008年10月10日)
破線
トップページへページの先頭へ

トップ
 旧同人用語メイン
 同人用語辞典 収録語 項目一覧表
 同人おたく年表
 同人関連リンク
 付録・資料
サイトについて
書籍版について
リンク・引用・転載について
閲覧環境
サイトマップ
のんびりやってます
フッター