同人用語の基礎知識

絵/ Picture

トップ 同人用語 項目一覧 絵/ Picture

同人とは切っても切れない 「絵」

 「絵」(Picture) とは、彩色すること、線や色、明暗などにより描画したもの、視覚的に楽しんだり情報を伝達するための表現、制作物のことです。 図画とも呼びます。

 似た言葉に 絵画 もありますが、本来の絵画 (Painting) が絵の具や特定の 画材 によって描画されたもののみを指すのに対し、絵は現代にあってはもっと広い範囲を指す言葉として使われています。 画材や用途によって イラスト (Illustration/ イラストレーション) と呼ぶこともありますが、これも同様に画材や用途で カテゴリ に分けられた絵のひとつになります。

 ただし欧米における 「絵」(Picture/ ピクチャー) は、ラテン語の Pictura (彩色) 及びその動詞形 Pingo (彩色する)に由来する言葉なので、同じように彩色する、塗るという意味の絵画 (Painting) との判別は突き詰めるとかなり微妙です。 美術用語としてのカテゴリ分けはあるにせよ、いちいち使い分けている人は今は少ないのかも知れません。

 ちなみにイメージ (Image) の場合、これまたラテン語の Imago (実物に似たもの) を源とし、模倣や真似ること、転じて似せて画に描くこととなります。 また写真や単なる図形なども含む言葉となります。

人が集まって楽しむ… 「絵」 っていいですね

 一方、漢字の 「絵」 は、偏 (へん) に 「糸」、旁 (つくり) に 「会」 があるように、古代中国で人々が集まって糸をよりあい画や模様を作って遊んでいたのが元になっているので、西洋と東洋 (日本) における厳密な意味での 「絵」 のニュアンスは、似ているようでもだいぶ違います。 ただしその後は西洋と同じように、彩色すること、それによって画を描くとの意味になっています。

 また東洋には書画 (文字と画) という独特の概念もあります。 アルファベットと違い漢字などは、物の形をかたどって描かれた文字 (象形文字や絵文字) であり、これらの文字と絵や画を同じ素材として融合させて扱う場合もあるのですが、こういったところも西洋東洋の歴史や文化の違いとして、たいへん興味深いものです。

 同人 の世界では、同人の会や 同人イベント、さらには ネット のコミュニティなどに人々が集まり、作品を持ち寄って楽しんでいるわけですが、漢字としての 「絵」 の成り立ちにも符合して、なんだか楽しくなってきますね。

「絵になる」 など、独特の使い方も

 絵が美しいもの、視覚で鑑賞するものとなっていることから、転じて、美しい風景や光景、人の容姿や動作などが美しかったり立派だったりする時に、「絵になる」 といった表現をすることもあります。 絵という言葉には、絵筆で紙に何かを描くだけでなく、キレイで美しいとか堂々としていて様になる、美術品としての題材になるほど優れているなどの意味もあるのですね。

この用語をブックマーク

関連する同人用語・オタ用語・ネット用語をチェック

(同人用語の基礎知識/ うっ!/ 2000年4月12日)
破線
トップページへページの先頭へ

トップ
 旧同人用語メイン
 同人用語辞典 収録語 項目一覧表
 同人おたく年表
 同人関連リンク
 付録・資料
サイトについて
書籍版について
リンク・引用・転載について
閲覧環境
サイトマップ
のんびりやってます
フッター