同人用語の基礎知識

モンスター

トップ 同人用語 項目一覧 ゲーム モンスター

様々に転用される便利な言葉… 「モンスター」

 「モンスター」(Monster) とは、英語で怪物、化け物、怪獣といった意味の言葉です。 ごく普通の英語ですが、日本においては海外製のホラーや ファンタジー といった ジャンル の映画や小説など、様々な創作物・コンテンツ のタイトル名や作中表現などで広がり、定着したもののようです。

 当初はもっぱら欧米の怪物・化け物を指す言葉であり、日本やアジア圏 (中国など) の怪物や化け物、妖怪、怪獣、怪人などに使うケースはあまりありませんでしたが、時代を経るごとに少しずつ浸透。 ゲーム などにおいては日本古来の妖怪を和風モンスターなどと呼んだり、単に 人外 を広くモンスターと呼ぶケースなども増えています。 なおゲームにおいては、人間が操作することはなく NPC (ノンプレイヤーキャラクター/ Non Player Character) としてプレイヤーが戦う敵といった扱いがほとんどでしたが、なかには仲間になってくれたり、プレイヤーが操作したり指示を与えて動かすタイプも増えています。

 語源となる 「monstrum」 は不吉な前兆や警告といった意味であり、神話や伝承などで触れられる自然災害や疫病、戦争などに対する人々の恐怖や絶望をビジュアル化したものに、その根源が見つかりそうです。 通常は悪であり、人間が抗えない巨大な力と、見るからにおどろおどろしい姿をしているのが特徴です。

日常会話で使われる 「モンスター」

 元々は日常会話で広く使われるような言葉として認知されるものではありませんでしたが、人気歌謡曲の曲名に使われたり (1978年6月)、アニメマンガ などでも触れられるなどして、昭和には一般の間でも 「妖怪・化け物」 の言い換えとして急速に普及することに。 さらに RPG などのコンピュータゲームが流行る中で、経験値 などといったゲームで使われる他の言葉とともに概念ごと強く認知され、見た目が変な人、乱暴な人をモンスター呼ばわりするなどの使い方も発生しています。

 また怪物・化け物や鬼といった言葉が 「恐ろしい」「巨大だ」 だけでなく、しばしば 「ものすごい」「記録破りだ」「存在感がある」 といった肯定的な意味の比喩表現として使われていることもあり、モンスターもそうした使われ方をするようになっています。

 一方、1990年代末からは、企業などに理不尽な要求をする人をクレーマーなどと呼び、そのクレーマーの中でも質の悪い人たちを 「モンスタークレーマー」 などと呼ぶように。 2000年代に入ると 「モンスター〇〇」 といった云いまわしは様々に派生し、「モンスターペイシェント」(モンスター患者/ 病院や医師などに理不尽な要求をする)、「モンスター乗客」(電車内で傍若無人にふるまう)、「モンスター住民」(行政にむちゃくちゃな要求をする)、「モンスターペアレント・チルドレン」(学校や教員に自分勝手な要求や執拗な抗議を行う保護者や子供)、「モンスター社員」(会社や上司に対して無茶な要求や傍若無人な態度を取る) などなど次々に登場、流行語のようになりました。

 なかでも 同人 の世界では 「モンスターペアレント」(モンペ) は比較的よく使われ、自分の好きな キャラ推し のタレントなどの作品内での扱いが悪かったりすると、まるでそのキャラやタレントの親・保護者かのような立場・口ぶりで苦情を言い募る人をそう呼んだりします。

Twitterこのエントリーをはてなブックマークに追加FacebookLINEGoogle+

関連する同人用語・オタ用語・ネット用語をチェック

(同人用語の基礎知識/ うっ!/ 2005年4月12日)
破線
トップページへページの先頭へ

トップ
 旧同人用語メイン
 同人用語辞典 収録語 項目一覧表
 同人おたく年表
 同人関連リンク
 付録・資料
サイトについて
書籍版について
リンク・引用・転載について
閲覧環境
サイトマップ
のんびりやってます
フッター