同人用語の基礎知識

印刷セット/ 印刷コース

トップ 同人用語 項目一覧 印刷 印刷セット/ 印刷コース

お値打ち価格で本が作れる 「印刷セット」

 「印刷セット」 とは、多くの 印刷屋さん が客寄せのために行っている割安な 同人誌 作りのための製版・印刷・製本のパッケージ料金設定、サービスセットのことです。 「同人誌印刷セット」 とか 「同人誌基本セット」、「同人おまかせセット」 なんて名前の場合や、「同人誌印刷コース」「楽々同人誌パック」 のように、「コース」「パック」 となっている場合もあります。

 印刷屋さんによって様々なサービスセットが提案され売り出されていて、具体的な内容も様々ですが、「ごく一般的な本」 を作る場合には、こうした既存サービスを利用するのが手間も掛からず、また料金的にも割安感があり、安心できるでしょう。 同じ印刷セットで実際に作られた本なども参考として事前に見ることができますから、印刷 を依頼する前にどのような本ができるのか、かなり具体的に完成予想を把握できるのもメリットです。

 またセット、コースによっては、製版や印刷、製本、搬入 だけでなく、専用の原稿用紙や ノンブル がついていて 「原稿制作段階」 から フォロー するようなものや、パソコンで マンガ を描くソフトウェアとセットになっているようなものもあります。 すでに 原稿 を執筆してあったり、同じソフトを持っていたら意味がありませんが、そうでないのなら、かなり安く利用することが可能になります。 原稿未完成段階の発注というよりは、ある種の予約販売みたいなスタイルですね。

 何事も情報が大事。 「お得なサービス」 を見つけられるよう、こまめに イベント会場 に置いてある印刷屋さんの チラシ やウェブサイトなどをチェックして、探すようにしたいものです。 印刷費用などは 部数 などでも大きく変わりますが、タイミングによってはありえないお値打ちサービスに出会える場合もあります。

初めての本作り…分からないことだらけ!

 本を作るとなると、事前に調べなくてはならないこと、後で後悔しないためにあらかじめ押さえておくべきポイントがたくさんあります。 例えば同人誌に使う印刷用の 「紙」 ひとつとっても、紙の種類や質、厚み (連量) など、初めてだと分からないことだらけですから、「一般的にはこういうものを使うケースが多いです」 の組み合わせでできている印刷セットなら、細かいところまでチェックせずとも、「無難な本」 がちゃんとできるという安心感があります。

 また本は一冊一冊中身の違うものをオーダーメイドするわけですから、実際は 「印刷セット」 といえど、決まりきった規格にがんじがらめになっているわけではありません。 わずかな手間や追加予算で、一部の仕様を変えること (紙をもうちょっと厚いものにしたい、表紙に特殊な色を使いたい、など) も可能な場合が多く、「何から何まで1から自分で決める」 より、全体の仕様は 「印刷セット」 で大雑把に決めて、こだわりたい部分、凝りたい部分のみ特注で仕上げる方が、手間も費用も掛からない場合が多いものです。

 ただし極端な本、例えば版型が規格外だ、本文 のページ数がものすごく多い、表紙 に特殊な紙を使ったり、特殊な印刷 (裏刷り など) を行いたい、遊び紙 に凝りたいなどがいくつかあると、オプションでそれに対応していない場合はセットは利用できません。 どこまでがセットの仕様として縛られるのか、その部分を特注扱いにすることができるのかできないのか、できる場合は追加費用はどのくらいなのか、ちゃんと見積もりを取って判断するようにしましょう。

自分のニーズにぴったり合うセットを探して活用しましょう

 初めての オフセット印刷オフセット誌 作りはわからないことがたくさんあって不安なものですが、信頼できる 「同人誌印刷会社」 のこうしたサービスを上手く利用することにより、「失敗」「後悔」 の可能性を大幅に減らすことも可能です。 最初の1冊目からパーフェクトな本作りなどできませんから、欲張らず最初の一歩としてこうしたサービスを使うのは賢い本作りといえるでしょう。

 なお似たようなお得サービスに、印刷フェア なんてのもよくあります。

この用語をブックマーク

関連する同人用語・オタ用語・ネット用語をチェック


 
(同人用語の基礎知識/ うっ!/ 2000年11月21日)
破線
トップページへページの先頭へ

トップ
 旧同人用語メイン
 同人用語辞典 収録語 項目一覧表
 同人おたく年表
 同人関連リンク
 付録・資料
サイトについて
書籍版について
リンク・引用・転載について
閲覧環境
サイトマップ
のんびりやってます
フッター