同人用語の基礎知識

全振り

トップ 同人用語 項目一覧 全振り

健康に全振りしてくれた両親に感謝… 「全振り」

 「全振り」(全フリ) とは、一部のコンピュータゲームにおける キャラクター や 「ユニット」 の ステータスパラメータ (能力値) を設定する際に、あらかじめ用意されたボーナスポイントの補正値を、一ヶ所だけに全部振り分けてしまうことです。

 一部のロールプレイングゲーム (RPG) や シミュレーションゲーム (SLG) では、プレイヤーが操作するキャラやユニットのステータス (攻撃力や防御力、機動力、回避力、運など) に基礎となる最低数値 (ランダムに決まる場合もある) とは別に、それぞれの項目に自由に振り分けることができる 50ポイントとか 80ポイントとかの補正値がボーナスポイントとしてつくシステムがあります (ステータス振り分け/ ステ振り、ゲームによっては再分配できるものも)。

 こうしたシステムを使う場合に、全体に同じ数だけ割り振ると平均的なバランスのとれたキャラやユニットになりますが、逆に云うと特徴や個性のない、平凡なキャラやユニットになってしまいます。 その場合に、例えば攻撃力だけに全部のポイントを割り振れば、防御力や機動力、回避力などは犠牲になっても、高い攻撃力で一撃必殺のキャラ、ユニットとして使うことができます。

 どの能力値にどのような振り方をするのが自分のプレイスタイル、好みに合い、またそのゲームのクリアに有利なのかはケースバイケースですが、「全振り」 は極端なキャラやユニットを作ることができ、ゲームを自分の得意のペースで進めることも可能になります。 また逆に、全く役に立たないパラメータに全振りして (運に全振りなど)、ゲームの難易度を高めるような遊び方もできましょう。 従って、こうしたやり方を好んで行うプレイヤーも多くいます。

現実の物品や人間に当てはめて使う場合も

 この 「全振り」、元々は前述の通り、ゲーム の世界で使われていた言葉ですが、その後一般化し、若者言葉として日常生活でも使われるようになっています。

 例えば容姿が悪く頭も良くないけれど、体力と健康にだけは自信がある…なんて人を、「体力に全振りしてる」 なんて表現したり、極端な スペック を持つ工業製品 (例えば居住性は最悪ながら、高速走行に特化したスポーツカーなど) で、その製品の特徴を表す形容詞として使ったりします。 使い方によって、褒め言葉にも罵倒にも使える、とても便利な言葉と云えるでしょう。

 なお全ての数値がありえないくらい高い、ほとんどインチキしてるかのように強力な人や物品を、ゲームの不正行為、チート にかけて、リアルチート などと呼ぶ場合もあります。

Twitterこのエントリーをはてなブックマークに追加FacebookLINEGoogle+

関連する同人用語・オタ用語・ネット用語をチェック

(同人用語の基礎知識/ うっ!/ 2001年10月4日)
破線
トップページへページの先頭へ

トップ
 旧同人用語メイン
 同人用語辞典 収録語 項目一覧表
 同人おたく年表
 同人関連リンク
 付録・資料
サイトについて
書籍版について
リンク・引用・転載について
閲覧環境
サイトマップ
のんびりやってます
フッター