同人用語の基礎知識

乙女ロード/ 乙女の聖地
Otome road

トップ 同人用語 項目一覧 濃い街あれこれ 乙女ロード

池袋サンシャイン60のふもとに、乙女ロードと呼ばれる、
それはそれは不思議な通りがあったそうな…

池袋駅東口
JR池袋駅 東口
西口に東武百貨店、東口に西武
不思議な不思議な池袋〜♪

 「乙女ロード」 とは、東京都豊島区にある池袋駅の東口、サンシャイン60の西側 (東池袋中央公園のはす向かいで、アムラックスとの間)、池袋駅から徒歩7分、首都高速5号池袋線をくぐってすぐの通りの俗称です。

 同人系を含む漫画情報誌 「ぱふ」(雑草社) の2004年5月号にて、それまではコミックストリートとかオタクロードとか腐女子ストリートなどと呼ばれていた同通りを、「乙女ロード」 と表記。

 翌 2005年11月16日に毎日新聞が 「オタク女性のメッカ池袋」 と題して 「乙女ロード」 の記事を夕刊に掲載、前後してテレビ (「出没!アド街ック天国」 ほか) など他のメディアも乙女ロードを大きく報じ、この場所の存在と名称が一般にも広まりました。

「乙女ロード」 以前から、Cレヴォの存在など、池袋は同人関係に強い土地柄

アニメイト池袋本店ビル
首都高をくぐると見える
アニメイトの本店ビル
ここが乙女ロードの起点

 もともと池袋には、アニメイトや K-BOOKS (現在の乙女ロードの位置)、東映動画アニメポリス・ペロ (東武百貨店内) など、アニメグッズ専門店や 同人誌 関係の書店がいくつもあり、若年層の女性コミック ファン が集う雰囲気が昔からありました。

 それらの店舗が BL(ボーイズラブ) 系の品揃えを充実させたり、女性向けキャラグッズ専門店である 「Character Queen」 の開店や、「らしんばん」 のオープン、「まんだらけ」 が女性向け同人誌、およびBLコミック、小説、グッズの専門店として次々に近隣にオープン。

 同じ頃、萌え ブームで急激に男性向けオタクの聖地、オタク街 に膨張する 秋葉原 と対をなす形で、女性同人ファン、アニメファン、あるいは腐女子の 聖地 として一般にも認知されるようになりました。

らしんばんとK-BOOKS
らしんばんと K-BOOKS アニメ館が並ぶ、
乙女ロードの中心部。向かって左にアニメイト、
右に道を挟んでまんだらけ

 池袋駅東口のサンシャイン60通りには男性向け同人販売の大手、「コミックとらのあな」 もありますが、売り場の多くを女性向け同人に割くなど、独特な雰囲気を醸し出しています。

 また途中から女性向け作品をメインで扱うようになった老舗、「まんがの森」(宣伝ルーム) の存在や、女性に人気のあった アニメ、美少女戦士セーラームーンのミュージカル (セラミュ) が池袋 サンシャイン劇場で長く行われていたなど、女性アニメファンや腐女子と呼ばれる同人ファンを惹きつける魅力のある街でもありました。

乙女の聖地 あるいは腐女子の秋葉原 「乙女ロード」

 乙女ロードの規模こそまだまだ小さいものの、池袋は BLファン、自称腐女子の聖地として着々とその地位を高めています (ちなみにセラミュ公演時期には、アニメイトや K-BOOKS がサンシャインシティ内に出店を展開していた時期もあります)。 「ブロッコリー」 がなくなったのは悲しいです。

 「乙女ロード」 への行き方は、次のマップや通りの写真などを参考になさってください。

地図と写真で見る池袋、乙女ロード&サンシャイン60通り界隈 (簡易マップ)

乙女ロード簡易マップ
乙女ロード簡易マップ
サンシャイン60通り
ロッテリアを左手に見ながら
横断歩道を渡りサンシャイン60通り

「まんがの森」
東急ハンズの裏にある
「まんがの森」、前にペットショップ

「プレミアムアニメショップらしんばん」
アニメイトの並びにある、
プレミアムアニメショップらしんばん

「K−BOOKS」プレミアム館
アニメ館の先にはテレカなどがある
「K−BOOKS」プレミアム館

「光芳書店」
池袋中にたくさんの支店がある
「光芳書店」は思わぬ掘り出し物も

コミックとらのあな
サンシャイン60通り向かって右折
少し先にコミックとらのあな池袋店

乙女ロード全景
首都高を左背にした乙女ロード全景
右にサンシャイン、左にアニメイト

「K−BOOKS」アニメ館
乙女ロードの主人公のひとり、
「K−BOOKS」アニメ館

女性向け同人誌BL専門「まんだらけ」
乙女ロード中間点の交差点そばに
女性向け同人誌BL専門まんだらけ

「イグニス」池袋店
サンシャイン60通り向かって左折
ビル3階には「イグニス」池袋店

「新宿書店」池袋支店
ヒューマックスビル裏の男性向け
マニア書店、「新宿書店」池袋支店

「アニメイト本店」
ひときわ目立つ、8階建てビルの
「アニメイト」本店が乙女ロード目印

「K-BOOKS」同人館
乙女ロード中心から先には
「K-BOOKS」同人館

「K-BOOKS」コミック館
乙女ロードの最果てにある
「K-BOOKS」コミック館

「豊島区民センター」
小規模オンリーイベントなどが
開催される「豊島区民センター」

ついに常設の執事喫茶も池袋に登場、さらに乙女カフェも続々

IZA! 乙女ロードへ突撃
IZA! 乙女ロードへ突撃

 「乙女ロード」 として知名度が上がると、そうした雰囲気を受けてか、2005年12月19日〜20日に、メイド喫茶 「Wonder Parlour CAFE」 の期間限定イベントの形で執事喫茶 「Butler's Lounge 1 〜パーラーメイドは執事喫茶の夢をみるか?〜」 が登場 (翌2006年2月21日〜25日に二回目も)。

 そして2006年3月22日には、ついに常設としては世界初の女性向けメイド喫茶とも云える 執事喫茶 「Swallowtail/ スワロウテイル」 がプレオープン。 マスコミなどにも紹介され、池袋の腐女子の聖地化に、ますます拍車がかかっているようです。

 この傾向は 2007年以降も続き、現在では複数の執事喫茶や、「乙女カフェ」「ホストカフェ」(男装した女性が接客するホストクラブのようなもの) や 「BLカフェ」 が、池袋に軒を連ねています。 多くは 「乙女ロード」 の最果ての位置に群生していますが、一箇所に固まらず点在しているせいか、週末ともなると地図を片手に訪ね歩いている2〜3人ほどの女性のグループを良く見かけます。

 さらに名物として、「乙女ロード クッキー」 まで登場。 ここらの 「ノリ」 は 2005年頃以降のアキバなどもそうですが、もはや半分観光地化もしつつあり、乙女ロードの歩き方や楽しみ方にも色々と変化があるようです。 それに伴い、「冥腐魔道」(1973年8月公開の映画、「子連れ狼 冥府魔道」 に由来) と呼ばれる場合もあるようです。

「乙女ロード」 以前から、おたくにとっても池袋はアキバや中野に次ぐ土地だったり

 ところで筆者はセーラームーンファンですので、サンシャインで上演されていた 「セラムン」 のミュージカル目当てや同人イベント目的で、池袋にはもちろん何度も通いました。 もう馴染みまくりの場所と云えます。

 この他サンシャイン文化会館&ワールドインポートマート内 (サンシャインシティコンベンションセンターTOKYO) で同人イベント コミックレヴォリューション」(Cレヴォ) や 「サンシャイン・クリエイション」 が開催されてたり、豊島区民センター (コア・いけぶくろ) で小規模なオンリー同人イベントが開催されていたり、グリーン大通り沿いのマンションの一室に怪しいマニアグッズ専門店があったり、あるいは一時期池袋に仕事先があったりで、かなり愛着の強い街だったりします。

ワールドインポートマート
サンシャイン60ビルのふもとには
文化会館&ワールド
インポートマート

 「乙女ロード」 と呼ばれる通りは、もちろんそう呼ばれる前からアニメイトや K-BOOKS のグッズ漁りで訪れていましたが (ミュージカルが終わった後、ラーメン屋の蔵王で反省会をしたり…)、アニメイトやらの店の位置が右に左に動いたり、フロアが上になったり下になったりで、落ち着かない場所、通りだった記憶があります。

 池袋には主に男性をターゲットにした店も多いのですが、それらの店が、「コミックとらのあな」 がそうであるように、女性ファンを強く意識した品揃えにしているのは興味深いです。 秋葉原=アキバ=アキバ系に倣って、乙女ロード=乙女系 なんて名称も出てきているようですし、その手の店が集まる場所として、ますます集中が進むんでしょうか? (さすがに 「ブクロ系」 なんてオヤジっぽい名前にはならないでしょうけど)。

 それはともかく、東口の出入り口のそばに唐突に存在する 「池梟 (いけふくろう)」 だけは、何とかして欲しいものです… (いや、嫌いじゃないですけど…)。

この用語をブックマーク

関連する同人用語・オタ用語・ネット用語をチェック

(同人用語の基礎知識/ うっ!/ 2005年10月21日)
破線
トップページへページの先頭へ

トップ
 旧同人用語メイン
 同人用語辞典 収録語 項目一覧表
 同人おたく年表
 同人関連リンク
 付録・資料
サイトについて
書籍版について
リンク・引用・転載について
閲覧環境
サイトマップ
のんびりやってます
フッター