同人用語の基礎知識

ふきだし/ フキダシ

トップ 同人用語 項目一覧 ふきだし/ フキダシ

キャラクターがしゃべるための重要な表現です

 「ふきだし」「フキダシ」 とは、マンガ・コミック、あるいは イラスト などで登場人物などがしゃべるセリフ (ネーム) を文字 (写植) で書き入れるためのマンガらしい表現方法のひとつです。

 マンガで 「セリフ」「音」 を表現するのにはこの 「ふきだし」 の他にも 「擬音」 や 「擬態音」 などがありますが、そのどちらも単なる 「音」 や 「セリフ」 だけではなく、登場人物の心情や場の空気、ムードを 「文字」 として表現する機能があります。

いろいろな形のふきだしを使い分けよう!

いろいろなフキダシ  実際の 「ふきだし」 は、右の図のように楕円に三角や棒線、効果線などが組み合わさった風船のような形をしていて、「バルーン」 などと呼んだりもします。

 三角の先端はその 「ふきだし」 を吐いている キャラクター に向けられていて、どのキャラがしゃべったものか、前後の文脈だけでなく視覚的・物理的に見て分かるようになっています。

 形状はパターン別けしただけでもかなりの数があり、また漫画家や作家によっても 「癖」 があったりもします。 ただし著作物についた読書補助のパーツという面もありますから、あまり無茶な、あるいは独りよがりなマイルールでふきだしの形を作っても、読者 が混乱するだけでしょう。

 パターン的には、1や2が通常パターン、3や5が口には出さないけれど心で思っている言葉、決意、4や6が大声や罵声、悲鳴などの表現といった感じでしょうか。 内部に冷や汗のような 「しずく」 を描くと、またニュアンスも変わります。 また背景にカケアミで模様などを描き、セリフ (心情の無言の吐露) を書く部分を、グラデーションで白抜きにするパターンなども良く見かけます。

 1つのコマに 「ふきだし」 が複数ある場合は、通常日本のマンガならば、右上を最初に、次に左に進み、次に右の下段に移動します (左右が逆の、反転Z型を思い浮かべると分かりやすいかも)。 ただし例外もあり、その場合は読者が混乱しないようなふきだしの位置、形状を決めるのが大切です。

ネームとフキダシのタイミング

 マンガを描く場合、まずキャラクターの を描いて、次に余白部分を 「ふきだし」 で埋める、なんて描き方をする方もいますが、ぎゅうぎゅう詰めのコマになりがちですし、最初にセリフ (ネーム) だけで大雑把な下書きの下書きをする場合にも向いていません。 描き方は人それぞれですが、ネームが先にあっての作画の方が、後々困らない場合が多いようです。

この用語をブックマーク

関連する同人用語・オタ用語・ネット用語をチェック

(同人用語の基礎知識/ うっ!/ 2000年4月17日)
破線
トップページへページの先頭へ

トップ
 旧同人用語メイン
 同人用語辞典 収録語 項目一覧表
 同人おたく年表
 同人関連リンク
 付録・資料
サイトについて
書籍版について
リンク・引用・転載について
閲覧環境
サイトマップ
のんびりやってます
フッター