同人用語の基礎知識

精液/ ザーメン
スペルマ

トップ 同人用語 項目一覧 精液/ ザーメン/ スペルマ

汁系に限らず、エロマンガのクライマックスといえば精液

 「精液」 とは、生殖器官である男性器 (ペニス/ ポール/ おちんちん) より放出される精子を含んだ体液の一種で、女性の持つ卵子 (卵細胞) に精子を送り込み受精させるためのものです。

 なお精液は英語で 「ザーメン(Semen)」、他に日本で比較的よく使われる外国語表現ではイタリア語やフランス語で 「スペルマ(Sperma/ Sperme)」、俗語では 「白濁液」「カルピス」 や 「ミルク」「ちんぽみるく」「ヨグール」「男汁」「ケフィア」 などと呼ばれることもあります。

 生殖活動 (性交/ セックス) において女性器に男性器を挿入し分泌放出することを 「射精」、俗な言葉では 「中出し」 と云い、メスが卵を産む一部の生き物でオスが卵に精液をふり掛ける場合は 「放精」 と呼びます。 また女性器に男性器を挿入していながら射精寸前に結合をやめ膣外に射精することを 「膣外射精」、俗な言葉で 「外出し」 とか 「腹撃ち」 (女性のお腹の上に出す)、顔にふり掛けることを 「顔射 (がんしゃ)」、「顔面シャワー」「顔面スペルマ」 などと呼びます。

 男女の性交を扱う 18禁 な 「エロ」 い マンガ の中では、「精液」 はセックスの絶頂、最終局面で勢いよく現れるものですが、女性が精液まみれになる 汁系ぶっかけ系 に限らず、とりあえず精液が描かれるとエロティックなシーンが盛り上がるためか、やたら男性 キャラ の発射回数が多いのが特徴です。

 まず口、もしくは胸 (パイズリ) で1発、本番で1発の、最低2発はお約束のようです。

ぐちょぐちょ ぬるぬる から、キラキラ輝く液体系まで

 好きな人は好きで苦手な人は苦手な 「小道具」 のひとつで、体液でぐちょぐちょな、それはもうぐっちょぐちょな作品を中心に描いている作家は 「汁系作家」、「汁漫画家」、「汁星人」 などと呼んだりもします。 CG (コンピュータグラフィックス) で精液を描く専用のツール (ザーメンジェネレーター などと呼ばれたりします) まであったりして、ある程度リアルな描写 (サラサラではなくドロドロと粘りがあるような液体) をするのが面倒、難しい場合には、使うケースも多いようです。

 一方、レディースコミックのような女性向けのアダルトマンガなどでは、そこまでどろどろの状態には描かない場合が多いですね。 BLなどの射精表現なんかもそうですが、サラサラの白いミネラルウォーターのような描写になっていたりもします (精液そのものを描かない場合も多いです)。

 エロマンガを好んで読む男性は、まだ精通してないような未成年ならともかく、大半が オナニー などを通じて実物の精液を知っている場合が大半でしょう。 従ってここらは、作者なり読み手なりの性別による性的な知識が直接反映しているような感じですね。

どう見ても精子です 〜 いいえ、ケフィアです 精液関係のあれやこれや

 どう見ても精子です。本当にありがとうございました とは、2ちゃんねるの麻雀板に立てられた 「● ● キンタマにシップを張ってシコル ● ●」 というスレッドに、2004年12月27日に書き込まれた レス の最後の2行の言葉です。 その後その面白いオチからコピペ素材化してあちこちに貼られ、ネット の界隈でよく見かけるようになりました。

 また いいえ、ケフィアです とは、やずやが発売している健康食品、「千年ケフィア」 の 2007年のテレビCFで使われたキャッチコピー、「(それは) ヨーグルト。いいえ、ケフィアです。」 を 元ネタ とする流行語です。 「いいえ、ケフィアです」 という意表を突いた云いまわしがネットなどで話題になりました。

 その後、この2つが合体。 「どう見てもケフィアです」「いいえ、精子です」 などとアレンジされて使われるようになりました。

この用語をブックマーク

関連する同人用語・オタ用語・ネット用語をチェック

(同人用語の基礎知識/ うっ!/ 2001年12月13日)
破線
トップページへページの先頭へ

トップ
 旧同人用語メイン
 同人用語辞典 収録語 項目一覧表
 同人おたく年表
 同人関連リンク
 付録・資料
サイトについて
書籍版について
リンク・引用・転載について
閲覧環境
サイトマップ
のんびりやってます
フッター