同人用語の基礎知識

煽り耐性

トップ 同人用語 項目一覧 煽り耐性

雑音に惑わされない鉄壁の城…「煽り耐性」

 「煽り耐性」(あおりたいせい) とは、ネット掲示板 などで他人から見え見えの挑発を受けた時に、それを冷静に判断して無視できる能力、くだらない雑音を華麗に スルー することができる能力のことです。

 ネットにおける 「煽り」 とは、言葉巧みに挑発して他人の怒りを増幅させたり、何か行動を起こすようにそそのかすような意味の言葉です。 2ちゃんねる をはじめ 殺伐系 の掲示板では、こうした煽り煽られはつきものですが、煽り耐性のない人がこうした挑発や煽りに乗って レス をしてしまうと、煽っている方は面白がって調子に乗りますし、その掲示板なりスレッド (スレ) なりで本来するべき話題から内容がどんどん逸れて、個人攻撃や罵倒の応酬になってしまいます。

 こうした状況が続くと他のスレッドの参加者にとっては 「関係ない話でスレを埋めている」 と迷惑がられますし、別の煽りを招いたり、余計な 叩き (批判したり悪口を書くこと) や 釣り (おかしな書き込みをして回りの人のレスを誘う行為) などが発生し、場が荒れてしまいます。 というわけで、掲示板を利用する際には、持っているのが当たり前のような特性の一つとなっています。

荒らしに反応するのも荒らしです、という考え方

 荒らし に反応するのも荒らしです、とはよく聞く話ですが、挑発を無視できず反応してしまう方も 「同類だ」 として叩かれるケースが多いものです。

 またそうした人がしばしば未熟な子供っぽい参加者だったり、ネットに慣れていない初心者で脊髄反応してしまう 厨房 な人だったりもするので、「どっちも迷惑だ」 などと人格ごと批判される場合も少なくありません。 もっとも勢いのある 祭り などでは、煽りを買うのも場を盛り上げるネットの華のうち、燃料だ と考える人もいるにはいますが。

 煽りが単なる愉快犯の場合もありますが、そのスレッドで進行している話題が自分にとって都合が悪いので、話を逸らすために煽っている場合もあります。 無意味な煽りや叩きには反応しないようにしましょう。

ピラニアという考え方

 無駄な煽りには反応すべきではありませんが、スレッド参加者の煽り耐性や ネットリテラシー が高く、マジレス (本気、真面目なレス) が返ってこない状況や煽りがほぼ完全に無視される状況を 「悪用」 する人もいます。 つまり煽りや釣りを装ってデタラメや偏った意見を繰り返し書き込み、ある種の刷り込み効果を狙うような人たちです。

 事情をよく知らない参加者は、「誰も反論しない(できない)」→「事実なのか」 と勘違いする可能性がありますし、それが何度も重なると、懐疑的だった人も無意識に徐々に刷り込まれ、そのうちデタラメを何となく信じてしまうかも知れません。 俗に嘘も100回言えば真になるなどと云いますが、こうした状況は、保守的な人たちが行う韓国や北朝鮮、中国 (いわゆる 特定アジア) の様々な話題や、とくに歴史問題などを話し合っているスレッドでは問題視される状況です。

 そこで、釣りだろうが煽りだろうが粗悪燃料だろうが疑似餌だろうがコピペだろうが、徹底して反応しまくる、徹底して食らいついて反論しまくる 「ピラニア」 という考え方が生まれました。 疑似餌にやすやすと喰らいつく、煽り耐性のない人に対する蔑称のような意味もありますし、無視すべきなのだとも思いますが、これはこれで評価する人もいます (長々とレスの応酬をせず、ピンポイントで一度だけ論破して終わり…のように、様式美を持つ場合もあります)。

この用語をブックマーク

関連する同人用語・オタ用語・ネット用語をチェック

(同人用語の基礎知識/ うっ!/ 2003年5月21日)
破線
トップページへページの先頭へ

トップ
 旧同人用語メイン
 同人用語辞典 収録語 項目一覧表
 同人おたく年表
 同人関連リンク
 付録・資料
サイトについて
書籍版について
リンク・引用・転載について
閲覧環境
サイトマップ
のんびりやってます
フッター