同人用語の基礎知識

マイナー
マイナージャンル

トップ 同人用語 項目一覧 マイナー/ マイナージャンル

需要はないかも知れませんが…マイナージャンルです

 「マイナージャンル」 とは、文字通りマイナー (知名度や認知度が低い、あまり重要だとされてない、少数派、小派閥) な 作品ジャンルカテゴリ のことです。

 マニアックであまり一般に知られていない作家の作品や、そのカテゴリのものだったり、愛好者や ファン が極端に少ない地味な作品、古くて忘れ去られていたり、重要視されていないような作品や、そうした作品のカテゴリを呼びます。 「弱小ジャンル」「ピコジャンル」 とも呼びます。 また 「マイナー」 の対義語は 「メジャー」(Major) です。

 相対的にメジャーとの比較表現として使われることも多く、当然ながら絶対値ではなく、あくまで相対値で使われる言葉ですね。 「○○はメジャーだけど、△△はマイナーだから」 なんて使ったりします。 また カップリング受け攻め の方向が主流派と逆方向 (逆カプ) だったりした場合にも、マイナージャンルだと表現する場合があります。 その場合、人によっては 「需要はないかも知れませんが」 みたいなエクスキューズを入れるのがお約束です。

1ジャンル1サークルなんて超マイナージャンルも

 ところで 同人 の世界でのマイナージャンルと云えば、そのジャンルで活動しているサークル数が、他と比べて比較的、あるいは極端に少ない作品ジャンルのことなのですが、1ジャンル=1サークル と云ったあまりに極端な例も、決して珍しくはないようです。

 なかなか目立つチャンスのないマイナージャンルですが、もし自分の趣味にピッタリくるサークルと出会えたなら、同好の士としてこれ程嬉しいことはないでしょうね。 深くて濃いことに一定の価値がある 「おたく」 の世界では、マイナーはむしろ評価材料だったりしますし (ただし人気のあるメジャーな作家さん (実力や 「華」 があることが多い) があまり手を出さないので、そこを残念に思う人は多いようです)。

 なお大昔の マンガゲーム などの作品の 二次創作 だったりした場合は、それを含めて全体で 「レトロマンガ」「レトロゲーム」 なんてジャンルやカテゴリに区分されますし、コミケ のような大規模なイベントだと、本人がかなりマイナーだと思っていても、意外や同好の者が隠れて結構いたりして、本当の意味でのマイナージャンルは、思ったよりは少ないものです。

 ネット の世界もそうですが、「こんなマイナーなものに興味のあるのは俺だけだな…」 なんて思っていたら、自分よりはるかに詳しい人間が世の中に何人も当たり前のようにいて驚いたりしますが、おたく の世界は本当に広くて深いです。

コレクション、マニアックな評論、研究系サークルにマイナーさんが…

 ところで実際の同人サークルなどの傾向ですが、一概には云えませんが、マニアックな評論や研究系の 同人サークル さんに、こうしたジャンルで活躍しているところが多いようです。 コレクションアイテム系のサークルなどだと 「こんなものを集めている人がいたのか!」 なんて驚くこともあり、本格的なマイナージャンルがそこそこ存在します。

 ある意味では、そもそもがマスメディアに乗っている アニメ やゲーム、マンガなどでは、純粋な意味のマイナーは存在しないのかも知れません。

この用語をブックマーク

関連する同人用語・オタ用語・ネット用語をチェック

(同人用語の基礎知識/ うっ!/ 2000年4月6日)
破線
トップページへページの先頭へ

トップ
 旧同人用語メイン
 同人用語辞典 収録語 項目一覧表
 同人おたく年表
 同人関連リンク
 付録・資料
サイトについて
書籍版について
リンク・引用・転載について
閲覧環境
サイトマップ
のんびりやってます
フッター