同人用語の基礎知識

などと意味不明な供述をしており

トップ 同人用語 項目一覧 などと意味不明な供述をしており

マスコミの事件報道で頻出 「などと意味不明な供述をしており」

 「などと意味不明な供述をしており」 とは、新聞やテレビニュースなどのマスコミの事件報道の際、警察に逮捕され取り調べを受けている容疑者、被疑者 (犯人と思われる人) の発言として頻繁に使われる定型句、常套句のひとつです。 「などと意味不明な発言をしており」 とか、「などと意味不明な供述を繰り返しており」 とも呼びます。

 これが転じて、ネット掲示板 などで、訳の分からない意見やコメント、レス をする人に、この 「などと意味不明な供述をしており」 を返して茶化したり 煽った り、「その意見には何の価値もない」「お前の頭はおかしい」 との意思表示として使う場合もあります。

 この 「などと意味不明な供述をしており」 と極めて似た使われ方をする ネットスラング には、日本語でおk などもあります。 要するに 「お前の意見は訳がわからない」 という訳です。

マスコミ報道のお約束のような言い回し

 こうした種類の 「マスコミ報道のお約束」 的な成句、言い回しは様々なものがあります。

 捜査当局のコメントとしては、「…の発見に全力を挙げている」「余罪について追及していく方針」「何らかの関与がある可能性もあるとみて」「慎重に捜査を進めている」「重大な関心を持って見守っている」 などがあり、捜査当局からでてくる逮捕した被疑者の 「ついカッとなってやった、今は反省している」「むしゃくしゃしてやった、誰でもよかった」 などもあります。

 この種の同じような紋切り型、定型句のコメントの中でも、とくにこの 「などと意味不明な供述をしており」 がネットなどで取り上げられるのは、マスコミでの出現頻度が高く誰でもこの言い回しのニュアンスを共有していることもさることながら、「などと意味不明な供述をしており」=「犯人の頭がおかしい」 との認識もあわせて持っているからでしょう。

 実際のマスコミ報道での使われ方も、通り魔殺人などの異常な犯罪で、「人を殺せという電波が頭に入ってきて命令した…などと意味不明な供述をしており」 といった、いかにも精神的に何かしらの問題がありそうなケースが多いためで、相手を罵倒する言葉としてとても便利だからなのでしょう。

 なおこうした人を、俗に 電波 などと呼びますが、これも前述した 「頭の中に電波が入ってくる」 などという意味不明な被疑者の 「ありがちな供述内容」 から転じて使われるようになったものです。

この用語をブックマーク

関連する同人用語・オタ用語・ネット用語をチェック

(同人用語の基礎知識/ うっ!/ 2002年2月8日)
破線
トップページへページの先頭へ

トップ
 旧同人用語メイン
 同人用語辞典 収録語 項目一覧表
 同人おたく年表
 同人関連リンク
 付録・資料
サイトについて
書籍版について
リンク・引用・転載について
閲覧環境
サイトマップ
のんびりやってます
フッター