同人用語の基礎知識

スケブOK

トップ 同人用語 項目一覧 スケブOK

イベントで作者とファンが絵の往来…「スケブOK」

スケブOK
スケブOKのスケブを看板と
してスペースなどに掲示
「スケブやってます」 とも

 「スケブOK」 とは、スケッチブック (スケブ) を持ってきたら、そこに を描きますよ」 という意味です。 イラスト を描いてくれるよう頼むことは、スケブ依頼 などと呼びます。

 「スケブ」 とは画用紙などを束ねて閉じたノートのようなものですが、同人誌即売会 などで サークル参加 している 同人サークル絵師 さんなどが 「スケブOK」 を サークルスペース に掲げている場合には、持参した 「スケブ」 を手渡してお願いして受けて貰えると、その場で手早くイラストや絵、サインなどを描いてくれます (通常は、しばらく預かる形になります)。

 逆に 「スケブやってません」 などの場合は、「そうした行為を行っていません」「頼まないでください」 という意味になりますが、わざわざそれを表明するケースはあまりありません。 どちらとも表明していないサークルさんの場合、「スケブよろしいですか…?」 などのように、個別に伺いを立てて依頼することになります。

 一連のやり取りはプロ作家などが行う 「サイン会」 に近いイメージですが、厚意や親切心からの作業ではあっても、いわゆる 「ファンサービス」 という訳ではなく、当然ながらサークル側に 「頼まれたら必ず描かなくてはならない」「少なくとも描くように努力すべき」 などという義務も責任もありませんし、「スケブ依頼」 自体を避けたり、嫌うサークルさんも少なくありません。 「描き手」 と 「読み手」、あくまで対等な立場でのサークルの絵描きさんとファンとの 「信用・信頼と理解」 に基づく、「交流の一環」 のような感じです。

「スケブ」 を頼む人は、しっかり相手の立場に立ってお願いしましょう

 「スケブをお願いする場合」 は、スケブ依頼 の項目にマナーや具体的なやり取りの説明などがあります。 頼む人も頼まれる人も気持ちよくイラストを通じたコミュニケーションが図れるよう、相手の立場に立ったやり取りをしたいものですね。

「スケブ依頼」 をする側、受ける側、それぞれのアレコレ

 サークル活動などをしていて 「スケブの依頼」、すなわち 「あなたの絵が欲しいです」 とラブコールされるのは、ちょっと嬉しいものです。 しかしその数があまりに増えると描くのも大変ですし、同じスケブに自分よりはるかに絵のうまい人、有名な 大手サークル の気合の入ったイラストなどがあると、緊張したり、ちょっと凹んだりもします。

 肉筆回覧誌 などもそうですが、絶対に失敗できないというプレッシャーもあり、楽しいけれど辛い、嬉しいけれど面倒な、独特なコミュニケーションになりますね。 つい調子に乗ってホイホイと受けてしまい、気がついたら会場で絵描きしかしてなかったなんてことにもなったりしますし。

 自分の描くスピード、会場回りや挨拶回りの時間なども考え、無理のない 「スケブOK」 でイベントを楽しみたいものです。

この用語をブックマーク

関連する同人用語・オタ用語・ネット用語をチェック

(同人用語の基礎知識/ うっ!/ 1999年8月20日)
破線
トップページへページの先頭へ

トップ
 旧同人用語メイン
 同人用語辞典 収録語 項目一覧表
 同人おたく年表
 同人関連リンク
 付録・資料
サイトについて
書籍版について
リンク・引用・転載について
閲覧環境
サイトマップ
のんびりやってます
フッター