同人用語の基礎知識

招待制同人サイト

トップ 同人用語 項目一覧 招待制同人サイト

一見さんお断り! …な同人サイト 「招待制」

 「招待制同人サイト」 とは、サイト管理人の知り合いや顔見知り、もしくは既存のサイト利用者からの 「推薦」「招待」 がなければ閲覧できない、限定的な公開を行う 同人 関係のウェブサイト (ホームページ) のことです。 いわゆる 「一見さんお断り」 の会員制レストランや料亭みたいな公開方式となります。

 サイトの傾向としては 二大禁J禁P禁) の 同人要素 (女性の 読者 向けの 「男性同性愛表現」(やおいBL芸能同人 (なまもの) を含む内容を コンテンツ として持っている場合が多いようです。 閲覧を希望する人は、個別に管理人の許可を得てパスワードや URL を発行してもらい、それでやっと見ることができるようになります。

 通常はサイト自体が 検索避け などをしていることもあり、その存在を知ることもままならない 「隠れたサイト」 ですが、いわゆる 「裏サイト」 のように、法に触れるような犯罪・有害・危険な情報を扱っているサイトだという訳ではなく (管理人が自虐的にここは裏サイトだと標榜する場合もありますが)、「同人」 を取り巻く難しい諸問題に配慮して積極的に外部に内容を出すのを避けるための、ある種の 自主規制 の措置になります。

管理人に認めてもらうまでの段取りが面倒…

 閲覧を希望する人が、そのサイトの利用者に知り合いがいない、直接管理人 (作者) と面識がない…という場合は、そのサイトを見ることができません。 しかしその作者の 同人誌 などを読んで ファン になり、「ぜひ見たい」 と思ったら、どうしたらよいのでしょう。

 その場合は、例えば 同人誌即売会 で相手が忙しくない時間帯にそれとなくお話させてもらうとか、通販 などの際に手紙に一筆添えるなどし、「この世界のことに興味があるし、この世界のこともちゃんと分かっていて、きちんと常識もあります」 とアピールするなどして、自分自身を 「管理人」 に認めてもらうしかありません。

 ただし、ごくごく近しい仲間や友達とのみ交流するのが目的の、クローズド前提のサイトだったり、「同一の ジャンル で活動するサークルの 主催者 だけが参加可」 のサイトだったりすると、それも結構難しいかも知れません。 鍵付き で身内だけ、部外者がいないということで、内部の 掲示板 などに実名や住所、連絡先などの個人情報をそのまま出しているようなところもありますし、その場合は管理人の判断ひとつで他の参加者が深刻な迷惑をこうむる可能性もありますから、慎重になってるケースもあります。

 閲覧を申し込んだ人に何も問題がなくても、過去の経緯など止むを得ない事情で管理人が勝手に許可を出せないような場合もあります。 その場合は、サイトの運営方針が変わるまで、根強く待つしかないのが実情でしょう。 「何で○○さんは許可されて、私は許可してくれないんだ!」 と憤慨しても、原因が自分にも管理人にもない場合がありますから、逆恨みしてもどうしようもありません。

SNSの登場で、徐々に減りつつある自作の招待制サイト

 なお2006年頃から mixi のような管理者権限が強い SNS のコミュニティサービスなどが次々に登場したことにより、これらのサービスを利用して運営する形態のコミュニティが増え、一般的なウェブサイトで招待制のような規制を行う サークル は減少する傾向にあります。 また一定の条件をクリアすれば、通りすがりや初めての人でもアクセスする方法を与える クイズ制サイト などもあります。

Twitterこのエントリーをはてなブックマークに追加FacebookLINEGoogle+

関連する同人用語・オタ用語・ネット用語をチェック

(同人用語の基礎知識/ うっ!/ 2003年2月9日)
破線
トップページへページの先頭へ

トップ
 旧同人用語メイン
 同人用語辞典 収録語 項目一覧表
 同人おたく年表
 同人関連リンク
 付録・資料
サイトについて
書籍版について
リンク・引用・転載について
閲覧環境
サイトマップ
のんびりやってます
フッター