同人用語の基礎知識

再版

トップ 同人用語 項目一覧 再版

最初に作った本が売り切れたためにもう一度発行…「再版」

 「再版」 とは、過去に発行した 同人誌 (既刊本) が売り切れたり、印刷ミスなどで印刷をやり直したい時などに、もう一度同じ同人誌を発行 (刷り増し) することです。 この場合、印刷 のための 「刷版」 は、新規に作り直すことになります。

 また単に 「在庫切れになっていた同じ本をもう一度作って販売します」 の意味で、「再販」(再販売) と呼ぶ場合もあります。 「再」 と 「再」 で意味は全く違いますが、本を買う方からしたら、使いどころはほとんど同じです。 ちなみに書籍類の販売で、「再販制度」 ってのがありますが、これは 「再販売価格維持制度」 の略語で、古書とならない新品の本は値引きを認めず、小売店は出版社が定めた定価で販売するという制度で、ここでいう 「再版」 や 「再販」 とは何の関係もありません。

「重版」 や 「増刷」 と 「再版」 の違いは…?

 似た言葉に版を重ねる 「重版」(重刻) というのがあります。 こちらは最初に刷った分を 「初版」 とし、この時に使った刷版用の製版フィルムを再利用して刷版を作り、「第二版」「第三版」…と刷り増してゆくことを指しますが、「再版」 の場合は、「もう一度新しく版を作る」 という意味なので、例えば 「重版」 を終えて 「絶版」 となった後にもう一度発行される場合、復活重版のような意味で使われる言葉となります。

 また 「増刷」 は、刷版そのものを再利用して刷り増すことを指します。 ただし厳密な使い分けをせず 「増版」 とか 「刷り増し」「増刷」 などと一緒に、ほとんど同じような意味で使っている人も多い言葉となります。

 印刷用の製版フィルムや刷版を新規に作るのにはお金がかかり、商業出版の世界では、印刷業者 は雑誌や一部ムックなどを除き、特定書籍のフィルムなどを初版発行から期限を区切って保存している場合が多いものです。 初版で打ち止めとなると製版フィルムは廃棄し、制作した版の費用はその発行部数で吸収することになりますが、重版がかかると第二版以降は印刷版の制作費用が掛からなくなり、価格が同じならば1冊あたりの制作実費が下がり、利益率が上がることになります。

 しかし同人誌などのように元々が小部数を前提とした印刷物だったり、軽印刷などでフィルム工程を飛ばして直接刷版を作る場合には、こうした方法は使えず、初版発行の時と同じく、最初から 完全原稿入稿 して本を作ることになります。 一部の大手サークル などでは 「重版」 や 「増刷」 も見かけますが (単に言葉を間違えて使っている場合もありますが)、大半は結果的に 「再版」 となるようです。

小部数発行の同人誌では、ファンが再版を要望したり

 同人サークル で再版をかける状況はサークルそれぞれの考え方次第で、好んで小部数の再版を繰り返すようなサークルも結構います。 一番分かりやすいのは、弱小の ピコ手サークル として長くやっていて、その後ブレイクし ファン が殺到。 「過去に小部数発行した同人誌をもう一度出して欲しい」 などと 読者 から希望されて再版するケースがあります。

 また印刷屋さんに印刷や製本を依頼しない コピー誌 などは、さらに小部数発行だったりするので、手に入れ損ねた固定ファンが、再版を要望してそれに応える場合もあります。 コピー (複製) では印刷の際に 「版」 は使いませんが、便宜上 「再版」 と呼ぶ場合がほとんどです。

初版と再版で値段が違う…これはなんで?

 一般的に 「重版」「増刷」 が安上がりになるのは上記に見た通りですが、「再版」 にはこれといった費用上のメリットはありません。 単に最初と同じ工程で本を作るだけです。 むしろ初版で 1,000部作った後に再版で 500部作ったら、後の方が1冊あたりの製造コストは高くなります。 初版は500円だったけど、再版は600円になってたりするのは、これが原因なんですね。 しかし印刷のことなどに詳しくない人から見たら、「同じ 原稿 を使いまわして数を増やしただけなのに、何で値段が上がるんだ」「足元をみている」 などと、不信感を持つ原因になったりもします。

 同人イベント などに参加している人は、その多くがサークル関係者だったりで、ここらは 「お互い様」「常識の話」 だったりもするのですが、買い専読み専 と呼ばれる 一般参加 の人たちの中には、印刷業者とやり取りしたこともなければ、こうした仕組みを知らない人も多く、商業出版物を見るのと同じ感覚でサークルを見てしまい、あらぬ誤解から険悪な状況になったりもします。

 もちろん印刷費用の実費からかけ離れた 頒布 価格を設定するサークル、金儲け主義のサークルも多く、どっちもどっちとも云えますが (再版ばかりで、新刊 がちっとも出ないサークルもファンとしては辛い)、まぁ、他人は他人、自分は自分と割り切るのが精神衛生上一番かも知れません。

この用語をブックマーク

関連する同人用語・オタ用語・ネット用語をチェック

(同人用語の基礎知識/ うっ!/ 1999年11月18日)
破線
トップページへページの先頭へ

トップ
 旧同人用語メイン
 同人用語辞典 収録語 項目一覧表
 同人おたく年表
 同人関連リンク
 付録・資料
サイトについて
書籍版について
リンク・引用・転載について
閲覧環境
サイトマップ
のんびりやってます
フッター