同人用語の基礎知識

無料本

トップ 同人用語 項目一覧 無料本

「無料本」 といっても、2種類あります

 「無料本」 とは、そのまんまですが、同人誌即売会 (同人イベント) で頒布価格ゼロ円で配布される、無料の 同人誌 のことです。 「無料配布本」 とも呼びます。 ただし最初から無料で配ることが前提で作られたものと、作者の気まぐれ、あるいは切羽詰った状況などから、急遽無料で配布されることになったパターンと2つの種類があります。 またそれぞれのパターンでさらに状況により細分化されます。

 最も多いのは 原稿 の執筆が間に合わず、本が 落ちた、すなわち 「まともな同人誌」 として完成させられなかった場合に、読者 に対するお詫びとして配るために作られる簡便な 同人誌 である ごめんなさい本 でしょうか。 多くの場合は コピー誌 のような体裁で、無料のほか、10円とかの自虐的な価格で出る場合もあります。

 似たものに、突発本 なんてのもあります。 ノリやその場の勢いで作ったマニアックで小規模、少ない 部数 の 「同人誌」 である場合が多く、「いつもうちの同人誌を買ってくれる皆様に」 みたいな感じで、無料で配られる場合が結構あります。 また無料の 限定本 が作られる場合や、極めて稀なケースでは、作者が大好きな 同人作家 にプレゼント、「献本」 するためだけに、ちょっとした手作りで無料の豪華本を作って持ち込むケースもあります (パロディ の元となった作品の原作者に向けたものなのが多いですね)。

本来は有料本なのに、「無料本」 になるケース

 これらとは別に、当初はきちんと値段をつけて 頒布 しようとしていたけれど、様々な事情により、当日に無料になるようなケースもあります。 例えばイベント当日に 直接搬入印刷屋 から 「同人誌」 が届いたが、印刷 の仕上がりがあまりに酷い出来で、とてもお金をいただくわけにはいかない…なんてことになった場合などですね。

 またその同人誌を作っている時には、その作品の 元ネタアニメマンガキャラクターカップリングハマって いたけれど、イベント参加の頃にはすっかり熱が冷めて、「もうこの ジャンル は卒業するので、どうぞ無料で持っていってください」 との餞別みたいな感じの扱いもあります。

 この手の 「無料本」 は、ネット が普及してサークル側が不特定多数に事前に情報を告知することが可能になっていくぶん状況は変わりましたが、それでも 「狙って手にいれる」 ことが可能な状況ではなく、手に入れるためにはかなり 「運」 の要素が強いものです。

持ち帰るのも面倒なのか、同人誌を捨ててゆくサークルなども…

 なお上記のケースとはまるで異なる特殊なパターンに、アダルト系の よろずサークル (オールジャンルのサークル) のパターンもあります。 「このアニメがイベント開催の頃にはブレイクしているはずだ」 …なんて 「ヤマ」 を張ってその作品の 二次創作 による 「同人誌」 を大量に作ったのはいいけれど、ぜんぜん鳴かず飛ばずで当てが外れ、売れ残って在庫が大量に生じた場合などにも、イベント終了寸前に 「無料でいいですので、持っていってください」 なんてやる場合もあります。

 中には、それでもさばけないで残った本を、そのままゴミコンテナに捨てるような イナゴサークル なんてケースもあります。 原稿を描いている時点では 「これが来る」 とジャンルを読んでいたものの外れ、「不良在庫の処分」 とばかりに投げ出したり捨てたりする感じですね。

 まぁ 同人サークル にもいろいろなところがありますから、生業、商売としてやっている場合、こういう判断もアリなのかも知れませんが (売れない本を持っていても無駄ですから)、しかし 「本を踏んづけると目が潰れる」 とか親に言われて育った世代としては、真っサラなできたての本を一度も開かず捨てるこの感覚は、ちょっとついていけないです。

この用語をブックマーク

関連する同人用語・オタ用語・ネット用語をチェック

(同人用語の基礎知識/ うっ!/ 1999年10月21日)
破線
トップページへページの先頭へ

トップ
 旧同人用語メイン
 同人用語辞典 収録語 項目一覧表
 同人おたく年表
 同人関連リンク
 付録・資料
サイトについて
書籍版について
リンク・引用・転載について
閲覧環境
サイトマップ
のんびりやってます
フッター