同人用語の基礎知識

残機

トップ 同人用語 項目一覧 残機

シューティングゲームのライフライン 「残機」

 「残機」 とは、シューティングなどの ゲーム において用意された、プレイヤーが操作する機体や砲台、キャラクター (マイキャラ) の 「予備」 のことです。 プレイヤーストックとも呼びます。 敵の攻撃を受けるなどして操作中の機体 (自機) が破壊されても、この 「残機」 があれば、その機体数ぶんだけ、やり直しが効くことになります。 残機がない状態で自機が破壊される (ミスをする) と、通常はゲームオーバー (ゲーム終了) となります。

 似た概念として、ライフ があります。 プレイヤーが操作する機体が宇宙船や戦闘機のようなものなら 「残機」 という言葉も馴染みますが、人間や動物の形をしたキャラクターの場合は言葉として違和感もありますから、ライフと呼ぶ場合があります。 またゲームの ジャンル によっては機体やキャラクターに耐久度 (複数回の攻撃 (ミス) に耐えることができるが、そのダメージ量があらかじめ決まっている) が設けられている場合もあります。 この場合も ライフ と呼んだり、「ヒットポイント」 (Hit Point/ HP) と呼ぶ場合もあります。 この場合の 「残機」 との定義や意味合いは、だいぶ変わります。

 なお残機はゲームを進め自機が破壊されるごとに原則的に減る一方ですが、特殊なアイテムを取るなどして、ゲーム進行中に増やすことができるシステムをもつ作品もあります。 この場合はエクステンドの他、とくに 1UP などと呼びます。

スリーアウト制度が導入されたゲームセンターの遊技機

 こうした 「残機」 の概念それ自体は、野球などのスリーアウト制度 (3回空振りしたらアウト) と同じものです。 こうした概念が遊技機に導入されたのは、コンピュータゲーム (ビデオゲーム) が登場するよりも前、ゲームセンターなどにある実際の玉などを使って遊ぶピンボール機 (Pin Ball) の3ボール制からとも云われます (この場合は残玉)。 一度の失敗でゲームオーバーにするのではなく、失敗しても何度かチャンスがあるわけですね。

 ゲームセンターのゲーム機 (アーケードゲーム) などは、回転率 (いかに時間あたりのユーザー数を稼ぐか) が売上、利益を左右する大切な要素ですが、1回でゲームオーバーとするより、1度2度と失敗しても続けさせるほうが、結果的にプレイヤーのゲームへの親しみ、モチベーションを高め、「よりゲームに ハマる」 ように仕向けることが可能と判断されたようです。 確かに最初の一回目で訳もわからないままにゲームオーバーとなっては、面白さが感じられません。

「スペースインベーダー」 から 「残機」 へ

 これが 「残機」 と呼ばれるようになったのは、株式会社タイトーが1978年に発表し、爆発的なインベーダーゲームブームを巻き起こした 「スペースインベーダー」 に由来します。 スペースインベーダーでは隊列を組んで迫り来るUFOを、プレイヤーが砲台を操作して迎撃します。 この砲台がピンボール機と同じく3つ (予備が2つ) だったため、この残りを 「残機」 と呼ぶようになりました。

 本来は砲台なので、「門」 と呼ぶのが相応しいのですが、残機の方が分かりやすい言い回しだったのでしょう。 またこのブームから程なくして登場したシューティングゲームの多くが、戦闘機などを操作するゲームとなったので、言葉としても使いやすかった点もあります。

この用語をブックマーク

関連する同人用語・オタ用語・ネット用語をチェック

(同人用語の基礎知識/ うっ!/ 2004年12月20日)
破線
トップページへページの先頭へ

トップ
 旧同人用語メイン
 同人用語辞典 収録語 項目一覧表
 同人おたく年表
 同人関連リンク
 付録・資料
サイトについて
書籍版について
リンク・引用・転載について
閲覧環境
サイトマップ
のんびりやってます
フッター