同人用語の基礎知識

紺ハイ/ 紺色ハイソックス

トップ 同人用語 項目一覧 靴下 紺ハイ/ 紺色ハイソックス

ルーズソックスに浸透し駆逐した、新・女子高生の象徴靴下、紺ハイ

 「紺ハイ」 とは、上端が膝下 5〜10cm 程度までに達する 「ハイソックス」 のうち、紺色のものを指す略語です。 「紺色ハイソックス」「紺色ハイソ」「紺ハイソ」「紺ソク」 などとも呼びます。

 濃紺が基本的に多いのですが、制服のカラーによっては黒なども選ばれ、また赤や白の刺繍によるワンポイントなどが入っているものを着用する場合も多いようです。 「紺ハイ」」 は、これらをまとめた総称となっています。

■ 紺ハイ ■ ルーズソックス
 一世を風靡した ルーズソックス とバトンタッチする形で 1990年代末期に人気となり、以降は 2000年代を代表する女子中高生の足元を飾るアイテムとなっているようです。 それ以前にも存在はしていましたが、大流行したのはこれ以降となります。

他と違っておしゃれでかわいい、しかも足が細く見える…それが 紺ハイソ

 元々 「ハイソックス」 には 「清楚」「おしとやか」「お嬢様」 風の雰囲気があり、学校関係者や父兄、さらにはフェチ気質を持つ男性などからも好まれる 靴下 の丈、形状でした。

 しかし 「真面目っぽい」「古臭い」 というイメージもあり、学校指定の靴下として校則で定められている場合や、それらの校則が厳しく守られている学校はともかく、いわゆる 「つっぱり」 や 「コギャル」、「今風の女子高生」 には、評価されることが少ないアイテムとなっていました。

 ひとつには、ツッパリファッションではスカートを長くするのでハイソックスは意味がない、あるいは 「足が締め付けられて痛い、痒くなる」「足を長く見せるために靴下は短いものが良い」 という女の子なりの 「実用性」 もあったようです。

 たしかに膨張色の白でハイソックスでは、足が短く、また太く見えてしまい、ズリ下がるのを防ぐための 「ソックタッチ」 の塗布も面倒なものです。

 というわけで、ハイソックス自体が女の子から 「進んで自分から履こうとは思われない」 時代が長く続きました。 その転機が起こったのは、1990年代初めから中ごろにかけて発生し、全国の女子中高生の間で大流行した 「ルーズソックス」 の存在と、その衰退です。

制服スカートのミニ化とルーズソックスの流行

 1990年頃から、いわゆる制服のスカートの ミニスカート 化が始まりましたが、その際に足元を飾る独特なアイテムとして、やや遅れて登場したのが 「ルーズソックス」 です。

 当時女子高生を、「コギャル」 などと呼ぶようになっており、それまでのつっぱり風のロングスカート改造制服に対し、ミニスカート改造制服を 「コギャルファッション」 などと呼んでいました。 「防寒」「足を細く見せる」 ために生まれ、その後全国に大流行した 「ルーズソックス」 ですが、その余りの流行により、「ほかの人と違ったファッションをしたい、だけど 「真面目風はダサくて嫌」 という女子高生が目をつけたのが、紺色のハイソックスでした。

紺色ハイソックス ワンポイント入り  なお 「ルーズソックス」 は、ざっくりとしたボリュームのある 「リブ編み」 が誕生直後から末期までの主流でしたが、後年になり、リブ無し、あるいはリブの細かいすっきりとしたフォルムのものが登場していました。

 リブ編みが妹風だとすると、リブなしはお姉さん風といった感じですが (まぁたいした違いはありませんがw)、このうちリブ無しを選んでいた女の子たちが、紺色ハイソに先に移行していった印象があります。

マスコミの後押しもあり、徐々にルーズソックスを圧倒

 この頃になると、高校や中学の制服はおしゃれな ブレザー制服 が当たり前になり、またリボンタイなどの ネクタイ をつけたトラディショナルでおしゃれ、何より 「可愛い」 制服の着こなしが広まっていました。

 また 「コギャル」 系のファッションが、「ガングロ」 から 「ヤマンバ」 へとどんどんすごい方へすごい方へエスカレートする中、その対立軸のような形で、上品な 「紺ハイ」 が広がっていたようです。

 さらに、当時は女子高生などが見るテレビドラマなどの女子高生の制服にも先んじて紺色ハイソックスが取り入れられていて、それの影響もかなり大きかったようですね。 「ルーソ」 はある種の突発的な女の子の草の根からの流行でしたが、紺ハイの流行には、芸能人やテレビ・雑誌メディアの影響が強く感じられます。

ルーズソックス vs 紺ハイ、仁義なき戦い

 ルーズソックスの流行の際には、あまりに流行の伝播速度が速かったこともあり、身に着ける当の女の子側の葛藤やこだわりが初期の頃にはありましたが、紺ハイについては、ジワリジワリと流行が浸透していったこともあり、そういった対立軸のようなものは、あまりなかったようです。

 一方で、靴下 フェチ のある男性からの視線は熱く、日々減少するルーズソックスに危機感を覚えるルーソ派は、紺ハイ派 (人種的には ロリ 系が多い) に、露骨な敵意をむき出しにする場合もありました。

 一部の パソコン通信 会議室では、ルーソ派 (靴下は下着なんだから白がコケティッシュに決まってるだろ) と紺ハイ派 (おしとやかイメージで小学生からいけるじゃん) との熾烈な論戦が繰り広げられていたものです。 まあ筆者のいた 掲示板 なんですけどねw

 なお一世を風靡した紺ハイですが、2010年頃から徐々にその数を減らし、以降は短いソックスの復権が著しいようです。 流行は繰り返すとよく云いますが、ほんと、その通りですね。

この用語をブックマーク

関連する同人用語・オタ用語・ネット用語をチェック

(同人用語の基礎知識/ うっ!/ 2003年2月12日)
破線
トップページへページの先頭へ

トップ
 旧同人用語メイン
 同人用語辞典 収録語 項目一覧表
 同人おたく年表
 同人関連リンク
 付録・資料
サイトについて
書籍版について
リンク・引用・転載について
閲覧環境
サイトマップ
のんびりやってます
フッター