同人用語の基礎知識

ナマポ

トップ 同人用語 項目一覧 ナマポ

隠語が表に… 「ナマポ、ゲットだぜ」 一躍流行語になってしまった 「ナマポ」

 「ナマポ」 とは、生活保護 (生保) のことです。 制度そのものや、生活保護を受給している人、支給されるお金なども指します。 通常はせいぜい 「せいほ」 と読むところですが、いわゆる 誤読言葉 として異なった読み方とカタカナ表記を行い、主に ネット の世界で使われています。

 この言葉自体は、2ちゃんねる をはじめ一部の 掲示板 などで、「生活保護をもらうためのノウハウ、実例」 などを受給者、受給希望者などが話し合い情報交換をする際、表立って話し合うのは はばかりがあるとして、ある種の 検索避け の隠語として使用していたものでした。 元からいくぶんかの揶揄するニュアンスはあったのですが、単純に侮蔑・罵倒のためだけの言葉ではなかったんですね (このあたりの言葉のニュアンスの変化は、メンヘラゆとり なども同じでしょう)。

 しかし景気が悪化し庶民の生活が困窮する中、マスコミなどで報じられる生活保護受給者の 「見る人によっては優雅にも見える暮らし」 あるいは 「不正受給」 の話題などがクローズアップされるようになり、2000年代前半から、もっぱら 「生活保護制度に頼り、あるいは悪用し、仕事もしない甘ったれたやつら」 を罵倒するような ネットスラング としての使い方が中心に。

 とくに、在日外国人や特定団体の支援を受けた人たちが、ある種の特権のように受給していると一部で信じられていること、一部の生活保護受給者が、ネットで 「ナマポ、ゲットだぜ」「働いている奴らは俺たちを養うためにしっかり税金納めろよ」 といった露悪趣味的な 煽り を行なっていたこともあり、2000年代中ころには、完全に罵倒・叩き のための言葉としてクローズアップされることになりました。

税金の使い方として、これくらいまともなものもない生活保護

 大半の受給者は、やむにやまれず生きるために生活保護を受けているわけで、国が国民に保障している制度であり、条件を満たしていれば当然ながら全く何の問題もなく、正当な権利です。 誰だって、予期せぬアクシデントでそうした困窮の事態に陥る可能性がありますから、制度や、それを正当に受けている人を批判すべきではありません。 もとより完璧な制度などはありませんが、理念といい運用といい、税金の使い方としてこれくらい社会正義に叶うものも少ないでしょう。

 また受給者が増え続けている、受給者数が過去最高を記録しているなどは客観的事実ではありますが、それは単純な人数の話であり、人口あたりの受給者の比率で見てみると、ピークであった1950年台初頭がおよそ2.3%、2010年台初頭が1.5%と、むしろ減っている実体も見えてきます。 終戦直後の最貧国状態と経済大国となった現在との環境変化も考慮に入れれば、受給者増加の原因を棚上げにして財政悪化の理由を生活保護に求め弱者批判するなど、政治家の怠惰のなせるものでしょう。

 世の中には、国民が収めた税金以上の経済的恩恵を受けられる制度などいくつもあります。 例えば年金だって、将来的にはともかく、現時点ではよほど早死にしない限り収めた積立金以上の給付を受けられますし、健康保険も、誰でもが罹りうる重篤な成人病や交通事故による障害を負えば、納付した金額以上の給付や減免を受けられます。 これらの国民同士の助け合いに対して批判しない、あるいはその恩恵に預かっている人たちが、生活保護だけ自己責任だと批判するのは辻褄が合わないでしょう。

 さらに加えるなら、いわゆる保守的とされる政治家や論客がことさらに生活保護や、またそれに密接に関係する失業問題・労働者問題・ブラック企業問題に冷淡で、しばしば 「自己責任論」 を振り回すのも意味が解りません。 保守や祖国愛の出発点は同じ日本人である同胞に対する愛情や尊敬、助け合いだと思いますが、困っている隣人を 「負け組だ」「自己責任だ」 で切り捨ててしまっては、お話にならないでしょう。

制度自体は必要なものながら、様々な矛盾が不公平感を

 とはいえ、しかし一方で、働いても低賃金で生活に困窮する人間が増え (地方などでは、収入の逆転現象も)、あるいは生活保護をはじめとする社会福祉のための予算が増大し増税などの負担も増える中、単に生活費やその補助が貰えるだけでなく、税金が免除、医療費が無料になるなどの内容が広まり、国民の間で不公平感が強まってしまうのは、誰が悪いという訳ではないにせよ、それぞれが自分の生活に精一杯の状況では、ある程度は仕方がない部分もあるのかも知れません。

 本来は全体を底上げするべき話で、生活に困っている人を切り捨てるべきではないのですが、最低賃金を上げれば巡り巡って失業者 (それに伴う生活保護者) が増えるでしょうし、生活保護者が今後増え続ければ、他の福利厚生費用の増大もあいまって、いずれ財政も持たなくなります。 景気が良くなりお金が回るようになれば良いのですが、思ったように景気をどうこう出来るなら誰も苦労はしないわけで、急速な高齢化、少子化の中、どうにも出口が見えない閉塞感があります。

2012年、吉本芸人の家族による生活保護受給問題によって 「ナマポ」 が話題に

 この 「ナマポ」 が、大手マスメディアや、あろうことか政治家なども使う時事キーワードとして注目される 「事件」 が起こります。 お笑いコンビ 「次長課長」 の河本準一さんが、多額の年収を得ていながら親族 (母親) に生活保護を受給させていたものでした (いわゆる 「河本騒動」)。

「書いたら許さへんで!」母親の“生活保護不正受給疑惑”を報じられた中堅芸人の仰天主張 日刊サイゾー (2012年4月16日)
「書いたら許さへんで!」母親の“生活保護
不正受給疑惑”を報じられた中堅芸人の
仰天主張 (日刊サイゾー/ 2012年4月16日)

 これが大きな話題となったのは 2012年4〜5月で、おおむね4月12日発売の週刊誌 「女性セブン」(小学館) の第一報 (この時は名前は出ず 「芸人X」 扱いだった) でした。

 その後4月19日にネットニュースが実名を報じ (その後記事は不自然に削除)、ネットの 祭り となって、5月24日には、河本さん自ら、テレビ中継の形で涙の謝罪釈明会見を行うことに。

 法律的には親といえど、子が必ず面倒を見なくてはいけないわけではありません。 子供は親を選べないのですし、家庭内に複雑な事情を持つ人は大勢いるのですから、ケースバイケースでしょう。 また生活保護は困窮した国民が当然受けるべき 「権利」 です。 しかし河本さんが売れっ子芸人として日頃から羽振りの良いところを見せていたこと、こうした報道をもみ消すために圧力をかけていたとの噂もあり、心情的に許せないとの意見がネットを中心に噴出。

 とくに、前述したネットメディアで報じられた、「貰えるもんは貰ろとけばええんや」「(記事に) 書いたら許さへんで!」 との同タレントの発言とされるコメントや、かねてから母親との 「仲の良さアピール」 を繰り返し行なっていたこと、テレビ番組に親子で出演したり、親子 ネタ で笑いを取ったり、さらには母親ネタや親孝行ネタで本を書いているなど、「金儲けに親族を使っていたじゃないか」 との割り切れなさが、怒りを増幅させたようです。

ツイッターアカウントが炎上、ナマポがトレンドキーワードに

 本人が ツイッター 上で行ったつぶやきなども、自分に対し批判する人を挑発する内容となっていて、これが火に油を注ぐことになっていました (その後、ツイッター上でも謝罪)。 さらに同じ頃、同じ吉本芸人であるキングコング 梶原雄太さんの事例も本人の告白の形であらわれ、「ナマポ芸人」 という言葉も誕生。 彼らをかばう吉本芸人の擁護も 燃料 となって次々に 炎上 するなど、相乗効果をもたらすことに。

 こうした経緯から、差別的なニュアンスの強い言葉である 「ナマポ」 はネット中で広く使われるようになるとともに、大手メディアの記事で紹介されたり、一部政治家がコメントで使うなど、「一般用語扱い」 になってしまったのでした。

新語・流行語大賞では選考から除外、ネット流行語大賞では4位に

 2012年の新語・流行語大賞にもエントリーされましたが、その後、「弱者に対する差別や悪意の助長をしかねない」 として、選考対象から外されたことが報じられました。 また大賞はもちろん、全ての賞の受賞の対象ともなりませんでした。

 一方、ネット流行語大賞2012 では、1位 ステマ、2位 (」・ω・)」うー!(/・ω・)/にゃー!、3位 ┌(┌^o^)┐ホモォ… に続く、第4位にランクインしています。

この用語をブックマーク

関連する同人用語・オタ用語・ネット用語をチェック

(同人用語の基礎知識/ うっ!/ 2012年4月24日)
破線
トップページへページの先頭へ

トップ
 旧同人用語メイン
 同人用語辞典 収録語 項目一覧表
 同人おたく年表
 同人関連リンク
 付録・資料
サイトについて
書籍版について
リンク・引用・転載について
閲覧環境
サイトマップ
のんびりやってます
フッター