同人用語の基礎知識

右/ 右向き

トップ 同人用語 項目一覧 カップリング 右/ 右向き

カップリングを文字で表すと… 「右」

 「右」「右向き」 とは、受け のことです。

 同人 の世界における カップリング (2人の キャラクター 同士の組み合わせ) では、片方のキャラが受動的な役割を持つ 受け となり、反対に能動的な役割を果たすキャラを 攻め と呼んで区別します。

 こうしたカップリングを言葉であらわしたり、ジャンル の名前として表現する場合に、「●●X▲▲」 といった記述で表現しますが、通常は 受けキャラを右側 (この例では ▲▲) に表記するケースが多いため、それが転じて受けキャラを 「右」「右向き」 などと呼ぶようになりました (攻めは左や左向きになります)。

 その後、さらに発展し、根っからの受けキャラは、極右と呼ぶケースも現れています。

 趣味の集まりでの会話や ネット掲示板 での書き込み、同人誌 での フリートーク などでは比較的見かける言葉ですが、やおいBL がある程度一般化し、カップリングや受け・攻めといった言葉が広まる中で、「仲間内だけでわかる言い回し」 として、この表現がでてきています。

 こうした経緯もあり、このサイトでもこの言葉はあえて解説していませんでしたが (2008年頃からは、用語としてのリクエストが届いていました)、一部でこの言い回しが当たり前のような使われ方をしつつあり、解説をしてみることにしました。

こうした表現に馴染まないジャンルや、逆転しているジャンルも

 なお一部のジャンルなどでは、カップリング表記が上記のパターンにならず、左右で受け・攻めが逆転している場合もありますし、立場が途中で入れ替わる (リバーシブル) などもあります。 また2人組のカップリングではなく、3人組やそれ以上 (サンドトリオ総受け総攻め など) の場合もあります。

 必ずしも同人の世界で普遍的な言い回しではない点は、留意が必要です。

Twitterこのエントリーをはてなブックマークに追加FacebookLINEGoogle+

関連する同人用語・オタ用語・ネット用語をチェック

(同人用語の基礎知識/ うっ!/ 2011年8月21日)
破線
トップページへページの先頭へ

トップ
 旧同人用語メイン
 同人用語辞典 収録語 項目一覧表
 同人おたく年表
 同人関連リンク
 付録・資料
サイトについて
書籍版について
リンク・引用・転載について
閲覧環境
サイトマップ
のんびりやってます
フッター