同人用語の基礎知識

ワッフルワッフル

トップ 同人用語 項目一覧 ワッフルワッフル

続きを早く教えて! …みたいな意味です

 「ワッフルワッフル」 とは、面白い話、エロい話の 「続き」 を早く読ませてください、教えてください、っていうか、教えろ! とせがむ時に使うセリフです。

 元ネタ としては、掲示板 2ちゃんねる などに無差別に貼られる、ちょっとエッチなお話のコピペ (コピー&ペースト) の最後の一行に由来します。

全てを読むにはワッフルワッフルと書き込んでください…

 このコピペでは、偶然に パンツ を見てしまった通りすがりの可愛い女子中学生や、洗面所で歯を磨いている妹、お風呂に入っている妹などと、ただならぬ関係になりそうになる…というストーリーが紹介されます。 んが、最後の最後、これから佳境だ…という肝心なところで、

省略されました・・・全てを読むにはワッフルワッフルと書き込んでください

あるいは

(全てを読むにはワッフルワッフルと書き込んでください)

 などの一行で唐突に終わります。

 続きをどうしても読みたい人は、そのスレッドに 「ワッフルワッフル」 と書き込まざるを得ず、それが転じて 「続きを教えて」「続きが読みたい」 なんて時に、「ワッフルワッフル」 と書き込んだり叫んだりするようになりました。 なお仮に 「ワッフルワッフル」 あるいは 「わっふるわっふる」 と書き込んでも、99.99%以上の確率で、続きは読めませんw

 ちなみに 「牛タン」 は美味しいのに自分の口の中にある舌は何で味がしないの…じゃあお互いに舌を舐めて (キスして) 味をみてみよう…なんて話では、「デリシャスデリシャス」 なんてバージョンもあります。

 一般的にこの言葉の発端、元ネタとされるのは、画像を欲しがる掲示板利用者らに対し、画像を持つ側が 「画像欲しけりゃOur fool.って書けよ。」(俺達は全員バカだと宣言しろ) と高圧的に要求したものの、俺達はバカだは本来 「We are fool」 であり、Our fool は誤りで、逆に突っ込まれた出来事が発端とされています。 その後この 「Our fool」(オーフール) をローマ字読みしてオゥワフール、ワッフルへと変化したとの話です。

ワッフルワッフルを流行らせたコピペ素材

駅で階段見上げたら女子中学生がいてさ、スカートの中見ちゃったんだよ。
そんでその女子中学生にいきなり振り向かれて
「せ、責任とってお嫁に貰ってください・・・」
って言われちゃったんだ。
俺は慌てちゃってさ
「・・え?は、はぁ・・・」
みたいに返してそのまま通り過ぎようとしたら
俺のシャツをチョコンと指で掴んでずっとついてくるのね。
そんでとうとう家までついて来ちゃってさ
「はじめてですけど覚悟は出来てます・・・」
とか言うわけよ。
俺もう理性が吹っ飛んじゃって・・・

部屋に入った途端、いきなりスカートを

(全てを読むにはワッフルワッフルと書き込んでください)

「ベルギーワッフル」 の強烈な甘い香り…なぜ 「ワッフル」 なのか

 「ワッフル」 発祥の発端は前述の通りとされていますが、その後は ネタ 元や画像からも離れ、エッチ話の続きを読ませてあげるの意で 「ワッフル」 だけが独り歩きして流行しています。

 これはひとつには、1998年5月29日に Tactics より発売された美少女恋愛アドベンチャーゲーム、「ONE 〜輝く季節へ〜」 の登場キャラクター、里村茜 (ピンク色の傘をさし、消えた 幼馴染 の少年を待ち続ける寡黙な美少女、甘いものが大好き) の ファン らが 「ワッフル」 を良く使っていたことが、元ネタとは無関係にこの言葉を広げる状況として、多少関係あるのでしょうか (里村茜のFCに、有名な 「わっふる同盟」 なんてのもあります)。

 当時はこの ゲームキャラクター そのものに限らず、ネット の世界全体が 「葉鍵」(鍵葉/ leaf や key などのソフトハウス) を筆頭に美少女ゲームやそのキャラクターの話題で大盛り上がりしていましたし、やたらと 「ワッフルワッフル」 と書いたり、ネタとしてしゃべる人が結構いました。 それらの人が集う掲示板やコミュニティなどでは、「ワッフル」 がある種の象徴的アイテムとして、色々な意味で使われていたんですね。

 二次創作 としての SS (ショートストーリー) も盛んに作られ、また読まれていて、それらの作品のページ送りの最後、末尾にこれと似たような表現 (続きを読むにはワッフルをクリックしてください、など) を用いた人もいたのかも知れません (筆者未確認ですが、普通に考えて間違いなくいたでしょう、それも複数)。

 美少女ゲームといえば、ブランドに 「Waffle」(ワッフル) ってのもありますし、いわゆる お菓子系 と呼ばれる雑誌にも、ぶんか社から同名のものが出されていました。 またそもそも本物のワッフル (ベルギーワッフルと呼ばれる焼き菓子) の大ブームが、これらとほぼ同じ頃にありました (マネケンのワッフルのお店がそこら中に出来て、強烈な匂いで食欲を喚起してましたが、これが他のワッフルを牽引するきっかけでした)。

 大元の発端はともかくとして、はたしてコピペ主 (あるいはその改変者) は、どこからワッフルを持ち出したのか…そもそもこのコピペが目に付くようになったのは 2006年頃ですし、上記のワッフルとは5年〜7年くらいタイムラグがあります。 Our fool の話もあわせ、興味は尽きません。

この用語をブックマーク

関連する同人用語・オタ用語・ネット用語をチェック

(同人用語の基礎知識/ うっ!/ 2006年4月25日)
破線
トップページへページの先頭へ

トップ
 旧同人用語メイン
 同人用語辞典 収録語 項目一覧表
 同人おたく年表
 同人関連リンク
 付録・資料
サイトについて
書籍版について
リンク・引用・転載について
閲覧環境
サイトマップ
のんびりやってます
フッター