同人用語の基礎知識

アホの子

トップ 同人用語 項目一覧 アホの子

ドジっ子 「てへっ」 より、もうちょっと頭悪げな…

 「アホの子」とは、関西弁でちょっと抜けてる人、頭の悪さがにじみ出ている人、バカっぽい人、でもどこか憎めない…みたいな感じの人や子供を罵倒したり、あるいはちょっと愛情を込めて茶化したりする時に使う言葉です。 そのまんまですが、漫才では 「ボケ」 に相当します。

 マンガアニメゲーム やら 同人 の世界やらで 「アホの子」 と呼ぶ場合は、ちょっとした 萌え の要素 (萌え要素) の1つと考えられ、おっちょこちょいな ドジっ子 (ドジっ娘) などより天然っぽい (かといって完全な天然おバカキャラともちょっと違う)、頭の悪さが滲み出るような、文字通り 「阿呆」 っぽい キャラ に使われるようです。

 わりとしっかり者のイメージがある ツンデレ に比べると 「守ってあげたい」「失敗してもかばってあげたい」 と思わせるようなキャラで、他のキャラや カップリング の相手から呆れられたり突っ込まれたり怒られたりすることではじめて特徴が際立つ、普遍的に人気のあるキャラ造形のひとつと云って良いでしょう。

行動が伴う 「ドジっ子」 に比べると、「アホの子」 は、もう見るからに存在自体がアホ

 ところで 「ドジっ子」 と 「アホの子」 の違いはなんでしょうか。

 ドジっ子 が何か行動を伴う属性だとすると (料理を作ったら失敗して 料理爆発 とか、道を歩いていると石につまづいて転ぶとか)、アホの子 は、もうそこにいる時点でアホ…存在自体が突き抜けている印象があります。 例えば ドジっ子 が何か失敗をやらかしてしまうと、「テヘッ」 などといいつつ を出して謝るそぶりをしながら笑う (てへぺろ) …といったパターンが多いものですが、アホの子 の場合は、「自分が失敗したことすら分からない」 みたいな感じでしょうか。

 登場した時点ですでに手に変なものを持っている (ネギとか)、おかしな着ぐるみを身に着けたりする、ほっぺたにぐるぐるが描いてある、常に 鼻水 が垂れている、何かのきっかけで突拍子もない行動を取る (蝶々が飛んできたらいきなり追いかけるとか)、人の話を聞かない…などですが、しかしなぜか時々、妙に鋭いことを云う意外性も持っています。

 また言葉遣いが独特だったり (「おいこら」「それ食わせろ」 みたいなぶっきらぼうな場合が多い)、相手のことなどお構いなく、ズケズケとモノを言ったりします (ただし本人なりに思いやってはいる)。 性格は捉えどころがないものの、基本的に明るい性格ですが、落ち込むととことん落ち込む場合が多いようです。

 「ドジっ子」 との大きな違いは、「アホの子」 は原則として物語がどれだけ進んでも、ほとんど一切成長しないってところでしょうか。 「アホの子」 は最初から最後まで徹頭徹尾 「アホの子」 です。

勝手に動いてくれる、頼もしいキャラ、「アホの子」

 同人マンガなどの 二次創作パロディ なんかですと、とりあえずオリジナル作品の中で一番知能指数が低そうなキャラは、「アホの子」 にしてしまえってのがあったりますね。 動かしやすいからだと思いますが、アホ扱いしながらも、たいていは描く作家さんが1番か2番目に好きなキャラだったりするのが面白いですね。

 代表的な萌え要素に メガネっ娘 ってのがありますが、こちらがしばしば 「優等生」「おとなしい」「暗い」 などといった属性を持っていたりします。 また 「ツンデレ」 キャラはしっかりもののイメージです。 ですので、これらを アホの子 と組み合わせると物語も勝手に面白く転がり、健全 系のギャグものなどでは、ますます存在感が増している感じです。

 一方で、ドジっ子とは当然ながらキャラの一部がかぶって相性が悪く、通常はアホの子がドジっ子を一方的に食う展開となります。

この用語をブックマーク

関連する同人用語・オタ用語・ネット用語をチェック

(同人用語の基礎知識/ うっ!/ 2004年11月19日)
破線
トップページへページの先頭へ

トップ
 旧同人用語メイン
 同人用語辞典 収録語 項目一覧表
 同人おたく年表
 同人関連リンク
 付録・資料
サイトについて
書籍版について
リンク・引用・転載について
閲覧環境
サイトマップ
のんびりやってます
フッター