同人用語の基礎知識

萌え属性

トップ 同人用語 項目一覧 萌え 萌え属性

自分でも気がつかなかった萌え属性に気がついた時の戸惑いと喜び

 「萌え属性」 とは、萌え を感じるパーツや断片、いわゆる 萌え要素 に反応する 「属性」 のことです。

 例えば代表的な萌え属性 ツンデレ が好きな人は、「ツンデレ属性がある」「キャラクター属性はツンデレ」 なんて表現します。 「エレメント」 と呼ぶ場合もあります。 ただし要素と属性、あるいは 「萌えポイント」 などを、ほぼ同じような意味で使う場合もあります。 「ストライクゾーンど真ん中」「急所」「クリティカルポイント」 などと呼ぶ場合もありますが、いずれも意味はだいたい同じです。

属性値は、ある意味自分のパラメータ解析

 「萌え要素」 は、美少女ゲームなどに登場する キャラ の分かりやすい分類、類型化として誕生しました。 こうした分類による整理は、ゲーム に限らず アニメマンガ などでも昔から普通に見られる一般的な分析方法ですが、ゲームの場合は 「攻略」 の必要があり、その 「攻略法」 を ネット などで情報交換する中で、未プレイ者に分かりやすくキャラの特徴を伝えるために積極的な類型化が有志によって行われるようになりました。

 また、例えば 「ツンデレ属性」 がある人なら、ツンデレキャラや、ツンデレ要素を持つキャラがでるゲームを買えば楽しめるはずです。 キャラの類型化、「要素」 の摘出は、好みではないゲームを手にして無駄なお金や時間を費やすリスクを回避する、うまい方法でもあります。

 膨大な数が発売され、1つ1つは決して安くはない美少女ゲームですから、自分の 「属性」 や パラメータ をしっかり把握し、無駄のない作品の購入やプレイをしたいという需要は、「攻略本」 などでキャラやストーリー、ゲームシステムや、フラグ の構成をある程度事前に入手するケースの多い、ゲームならではの生活の知恵と云えるかもしれません。

新しい 「萌え属性」 の開発

 その一方で、いくら好きとはいえ、いつもいつも同じ属性のものばかりでは、飽きるのも人間のサガ。 時には自分にはない属性だと思っていた要素の意外な魅力を発見し、新しい属性に目覚めるケースもあります。 属性無視の、物理攻撃を食らう場合もあります。

 むしろ自分の初期設定 (生まれつき) の属性がそのまま続くケースは少なく、たいていはメインとなる不動の属性は持ちながらも、それに関連した、あるいは無関係の意外な属性をいくつか乗り換えながら、自分の流行 (その後マイブームって言葉も生まれましたが) に沿ってアニメやマンガ、ゲームを踏破して行くものです。

 昨今は、要素の組み合わせを極めて重視した、ある意味でマーケティング商品のようなゲームが多くなり、ソツなくまとまってはいるものの、荒削りな魅力に溢れたゲームが少なくなっているとの指摘もあります。 うまく自分のパラメータを上書きしながら、新しい発見に心をときめかせ、心の底から楽しめるゲーム、好きになれるキャラにめぐり合えると幸せになれるかも知れません。

具体的な 「萌え属性」 の種類は…?

 具体的・個別的な属性、要素のキーワード、種類については、萌え要素 の項目で列挙して解説してあります。 お時間がありましたら、あわせてご覧ください。

この用語をブックマーク

関連する同人用語・オタ用語・ネット用語をチェック

(同人用語の基礎知識/ うっ!/ 2002年12月26日)
破線
トップページへページの先頭へ

トップ
 旧同人用語メイン
 同人用語辞典 収録語 項目一覧表
 同人おたく年表
 同人関連リンク
 付録・資料
サイトについて
書籍版について
リンク・引用・転載について
閲覧環境
サイトマップ
のんびりやってます
フッター