同人用語の基礎知識

EPS/ EPS形式

トップ 同人用語 項目一覧 EPS/ EPS形式

DTP でもっとも安定していると云われるフォーマット 「EPS形式」

 「EPS」「EPS形式」 とは、印刷 (出力) のためのデータフォーマットの一つです。

 DTP の世界では頻繁にやり取りされるデータ形式のひとつで、名称の EPS は、「Encapsulated PostScript」(エンキャプサレイティッド・ポスト・スクリプト) の略、開発は PhotoshopIllustrator で有名な Adobe 社 (Adobe Systems/ アドビ社) です。 拡張子は 「.eps」 となります。

Photoshop を通じ、同人の世界でも一般的な EPS形式

 画像や印刷用データの記録や読み出し、データ交換には色々な方式 (フォーマット) がありますが、この EPS形式は、Adobe 社が開発したポストスクリプト (PostScript) でベクタ形式の画像データ部分を扱うものです。 この形式に対応したグラフィックツールやページレイアウトツールはとても多く、再現性や安定度、互換性が極めて高く、同人 の世界でも非常に良く使われています。

 特徴としては、印刷用に使われる高解像度のデータとは別に、パソコンなどのディスプレイ画面でプレビューするための低解像度のデータも合わせて持っている点でしょうか。 これにより高品位な印刷ができるだけでなく、データの確認やプレビューで高速で軽快な作業が可能となっています。

 実際の EPS形式でのデータの記録は、出力する際の環境に合わせたバージョンや書き出し方法が必要となりますが、一般的にはカラー原稿の場合、CMYK で EPS形式で書き出すのが多いでしょう。 ただし 印刷所 や自宅のプリンターの環境 (通常は RGB のままでも問題なし) によっては、その他のフォーマットを使う場合もあります。

 印刷屋さんで オフセット印刷 を初めて行う時などは、印刷屋さんが配布している 入稿マニュアル や入稿の手引き、案内などをきちんと確認して、正しいデータ形式で 入稿 するようにしましょう。

この用語をブックマーク

関連する同人用語・オタ用語・ネット用語をチェック

(同人用語の基礎知識/ うっ!/ 2001年11月13日)
破線
トップページへページの先頭へ

トップ
 旧同人用語メイン
 同人用語辞典 収録語 項目一覧表
 同人おたく年表
 同人関連リンク
 付録・資料
サイトについて
書籍版について
リンク・引用・転載について
閲覧環境
サイトマップ
のんびりやってます
フッター