同人用語の基礎知識

くちゅくちゅ

トップ 同人用語 項目一覧 くちゅくちゅ

おくち 「くちゅくちゅ」 モンダミン…ではないな、これは

 「くちゅくちゅ」(クチュクチュ) とは、エロチックマンガ や読み物などで頻繁に登場する、女性のアソコが濡れたり、そこに指を入れて弄ったり愛撫したりの際の擬音、そこから転じた擬態語、動詞化された言葉です。 しばしば、「くちゅくちゅ♥」 などと語尾にハートマークがついたり、「くちゅくちゅくちゅ」 と3連発で記述したりもします。

 18禁 なエロマンガなどでは定番中の定番表現ですが、もっぱら ロリコン 的な作品でその出現頻度が高い表現で、そうした擬音がやたら出てくるマンガは、「くちゅくちゅマンガ」(ロリコン誌 の一部で呼称) などと呼ぶ場合もあります。 またやたらこの擬音を使う人は、星人 を接尾して 「くちゅくちゅ星人」 などと呼んだり、そうした行為をすることを、「くちゅくちゅする」 なんて表現する場合もあります。

 なお 「くちゅくちゅ」 した結果生じる女の子のあえぎ声 「あっ」 をくっつけて、「くちゅくちゅ あっ あっ」 と表記する場合もあります。 いずれも意味はだいたい同じです。

ちょっと表現を変えただけなのに、グンとエロな感じに…ふしぎ!

 びっしょりと濡れた状態、しとど濡れてぬかるんだ様を表す擬音や擬態で 「グチョグチョ」「ヌチョヌチョ」 のような表現はおなじみです。 これらの言葉に比べると、「くちゅくちゅ」「くちょくちょ」 は淫靡に濡れながらもちょっと 「可愛らしい」 感じです。 カタカナから平仮名になっていること、濁点がついた濁った音がないからでしょうが、マンガなどでは丸い吹き出しに書き文字のような形で入れるなど、さらに 「可愛い感じ」 を押し出しているパターンもあります。

 ただし 「くちゅくちゅ」 の場合、他の擬音に比べ出現頻度が異常に高く (マンガの1つのコマに、何度も何度もでてくる、さらにそれが連続したコマで繰り返し執拗に出てきたりします)、その点で 「淫靡さ」 を際立たせてもいます。 キュートでプリティだけど、ものすごくいやらしい…という訳ですね。

1980年代、ロリコンブームと共に大流行した 「くちゅくちゅ」

 こうした表現がいつ頃から登場したのかは諸説ありますが (単発的に 「くちゅくちゅ」 が登場したものまで含めると、結構な歴史がありそうです)、同人 界隈、おたく 界隈で強く認識され、やたらと登場するようになったのは、1980年代初頭頃からでしょうか。

 とりわけ 1979年に劇画でデビュー、その後 アニメ誌 「月刊OUT」(月刊アウト/ みのり書房/ 1977年5月〜1995年5月) を経て 「ロリコン誌」 や 美少女コミック誌 などでも活躍し、「ロリコンマンガの王様」「おむつマンガの帝王」 などとも呼ばれるマンガ家の内山亜紀さんの活躍からでしょうか。 筆者も 「単なる擬音のひとつ」 としてではなく、特別な存在感を持った言葉として 「くちゅくちゅ」 を意識したのは、この時代の内山亜紀さんの作品からでした。

 なお 「くちゅくちゅ」 と親和性の非常に高いと思われる擬音、擬態語に、女の子のアソコを指で広げる くぱぁ♥ なんてのもあります。 この言葉も古い言葉ですが、2000年代になって、ネット を中心に大流行しているようです。

 最近では、人気エロ漫画家、同人サークル 「おねして」 が 主催 の 「おかのはじめ」 さんとセットで語られる場合も多いようです。

この用語をブックマーク

関連する同人用語・オタ用語・ネット用語をチェック

(同人用語の基礎知識/ うっ!/ 2000年9月7日)
破線
トップページへページの先頭へ

トップ
 旧同人用語メイン
 同人用語辞典 収録語 項目一覧表
 同人おたく年表
 同人関連リンク
 付録・資料
サイトについて
書籍版について
リンク・引用・転載について
閲覧環境
サイトマップ
のんびりやってます
フッター