同人用語の基礎知識

東南アジアにおける児童買春(売春)による
外国人逮捕者の国籍とその数 (2007年)

トップ 付録・資料 東南アジアにおける児童買春(売春)による外国人逮捕者の国籍とその数 (2007年)

東南アジアにおける児童買春(売春)による外国人逮捕者の国籍とその数 (2007年)
2007 ASEAN CHILD-SEX TOURISM REVIEW

2007 ASEAN CHILD-SEX TOURISM REVIEW
2007 ASEAN CHILD-SEX
TOURISM REVIEW

 2007年8月に、2006年の東南アジア各国における外国籍旅行者数と児童買春(18歳未満の児童の買春) による外国人逮捕者の国籍と人数、現状解説の統計が、「2007 ASEAN CHILD-SEX TOURISM REVIEW」 というレポートにまとめられました。

 中心となってレポートを作成したのは 「Child Wise」 というオーストラリアの児童人権団体で (サイトは こちら)、レポートは主に 「Regional Taskforce」 という資料と、他の統計資料とを編集した内容となっています。 pdf で配布された統計資料は こちら です。

 2007年から2009年にかけて、アメリカの駐日大使シーファー氏や、中国人タレントのアグネス・チャン氏、スウェーデンのシルビア王妃はじめ、日本ユニセフ協会が 「日本が児童ポルノの中心地となっている」 として推進した 児童ポルノ法単純所持禁止 の法改正や、同協会が推薦している 2008年公開のタイを舞台とした児童人身売買や渡航移植の問題点などを描いた日本映画 「闇の子供たち」(監督/ 阪本順治/ 原作/ 梁石日) について、もっとも時期的に近く、また他ならぬ児童人権団体側から出された客観的なデータとなるかと思われます。

東南アジア9ヶ国の統計を見てみると…

 調査対象国は ASEAN (アセアン/ 東南アジア諸国連合/ Association of South-East Asian Nations) 加盟10ヶ国のうち、ブルネイを除いたインドネシア、フィリピン、タイ、マレーシア、シンガポール、カンボジア、ラオス、ミャンマー、ベトナムの計9ヶ国。 うち、カンボジア、フィリピン、タイに関しては、実際の逮捕者数とその国籍を数字で具体的に列挙しています。

 日本人が大勢旅行やビジネスで訪れている東南アジア諸国ですが、いったいどのくらい日本の児童売春 (買春) ツアーが酷くて、現地の児童人権侵害に深刻な影響を与えているのか、児童人権団体側の資料を使い具体的な数字で見てみようと思います。

 なお 「2007 ASEAN CHILD-SEX TOURISM REVIEW」 は、各種データをそのまま引用しているため、英語表記による国号がバラバラだったり、一部データは国ではなく地域名で分類されているなど、数字データの表記に統一性がありません (例えば US、USA、America が混在している、あるいは中国だけでカウントしていたり、特別行政区の香港やマカオを中国とは別としていたりなど)。 こちらのページの日本語表記では、これらを統一しています。

カンボジア/ CAMBODIA 外国人旅行者数と児童買春逮捕者

国籍別旅行者数
1位韓国/ South Korea 285,353
2位日本/ Japan 158,353
3位アメリカ/ USA 123,847
4位台湾/ Taiwan 85,139
5位中国/ China 80,540
6位ベトナム/ Vietnam 77,524
7位マレーシア/ Malaysia 77,028
8位タイ/ Thailand 76,953
9位イギリス/ UK 73,767
10位フランス/ France 71,978
国籍別逮捕者数
国籍男性逮捕者数女性逮捕者数
アメリカ人/ USA 4 0
ベルギー人/ Belgium 1 0
スイス人/ Switzerland 1 0
ドイツ人/ Germany 3 0
合計/ TOTAL 9 0

インドネシア/ INDONESIA 外国人旅行者数

国籍別旅行者数
1位シンガポール/ Singapore 1,164,082
2位マレーシア/ Malaysia 699,124
3位日本/ Japan 432,989
4位韓国/ South Korea 298,228
5位台湾/ Taiwan 226,611
6位オーストラリア/ Australia 208,205
7位アメリカ/ USA 129,152
8位イギリス/ United Kingdom 137,655
9位ドイツ/ Germany 106,916
10位オランダ/ Netherlands 93,147

ラオス/ LAO PDR 外国人旅行者数

国籍別旅行者数
1位タイ/ Thailand 675,845
2位ベトナム/ Vietnam 190,442
3位中国/ China 50,317
4位アメリカ/ USA 46,029
5位フランス/ France 32,453
6位イギリス/ UK 31,684
7位日本/ Japan 23,147
8位オーストラリア/ Australia 22,021
9位ドイツ/ Germany 18,004
10位カナダ/ Canada 12,419

ミャンマー/ MYANMAR 外国人旅行者数

国籍別旅行者数
1位中国/ China 24,893
2位タイ/ Thailand 30,400
3位日本/ Japan 18,945
4位韓国/ Korea 18,265
5位アメリカ/ America 18,052
6位ドイツ/ Germany 18,003
7位台湾/ Taiwan 15,827
8位フランス/ France 15,498
9位シンガポール/ Singapore 10,952
10位イタリア/ Italy 10,774

フィリピン/ PHILIPPINES 外国人旅行者数と児童買春逮捕者

国籍別旅行者数
1位韓国/ Korea 572,133
2位アメリカ/ USA 567,355
3位日本/ Japan 421,808
4位中国/ China 133,585
5位台湾/ Taiwan 114,955
6位オーストラリア/ Australia 101,313
7位中国/ 香港/ Hong Kong 96,296
8位シンガポール/ Singapore 81,114
9位カナダ/ Canada 80,507
10位イギリス/ United Kingdom 68,490
国籍別逮捕者数
国籍逮捕者数
韓国人/ Korean 1
中国人/ Chinese 2
インド人/ Indian 1
アメリカ人/ American 3
オーストラリア人/ Australian 1

タイ/ THAILAND 外国人旅行者数と児童買春逮捕者

国籍別旅行者数
1位マレーシア/ Malaysia 1,578,632
2位日本/ Japan 1,293,313
3位韓国/ Korea 1,101,525
4位中国/ China 1,033,305
5位シンガポール/ Singapore 818,162
6位イギリス/ UK 745,525
7位アメリカ/ USA 640,674
8位オーストラリア/ Australia 538,490
9位ドイツ/ Germany 507,942
10位台湾/ Taiwan 472,851
国籍別逮捕者数
国籍逮捕者数
ドイツ人/ Germany 4
イタリア人/ Italy 3
オーストラリアもしくはイギリス人
/ Australia and England
2
アメリカ人/ USA 1

ベトナム/ VIETNAM 外国人旅行者数

国籍別旅行者数
1位中国/ China 516,286
2位韓国/ South Korea 421,741
3位アメリカ/ US 385,654
4位日本/ Japan 383,896
5位台湾/ Taiwan 274,663
6位オーストラリア/ Australia 172,519
7位カンボジア/ Cambodia 154,956
8位フランス/ France 132,304
9位タイ/ Thailand 123,804
10位シンガポール/ Singapore 104,947

マレーシア/ MALAYSIA 外国人旅行者数

国籍別旅行者数
1位シンガポール/ Singapore 9,656,251
2位タイ/ Thailand 1,891,921
3位インドネシア/ Indonesia 1,217,024
4位ブルネイ/ Brunei 784,446
5位中国/ China 439,294
6位日本/ Japan 354,213
7位インド/ India 279,046
8位オーストラリア/ Australia 277,215
9位イギリス/ United Kingdom 252,035
10位フィリピン/ Philippines 211,123

シンガポール/ SINGAPORE 外国人旅行者数

国籍別旅行者数
1位マレーシア/ Malaysia 9,634,506
2位インドネシア/ Indonesia 1,359,755
3位中国/ China 755,883
4位タイ/ Thailand 650,559
5位中国/ 香港/ Hong Kong 573,330
6位オーストラリア/ Australia 265,200
7位台湾/ Taiwan 166,179
8位アメリカ/ USA 115,939
9位日本/ Japan 94,161
10位中国/ マカオ/ Macau 82,298

日本人の逮捕者は0人…? 一方アメリカ人は、逮捕者が公表された全ての国で存在

 このデータ自体は、サンプル数があまりに少なくて、有意なデータとは云い難いものがあります。

 さすがに年間の外国人逮捕者が1桁は少なすぎますし、仮に逮捕者がその数であっても、実際に違法行為を行っている外国人の数は、桁が2つ3つ上でしょう。

 ただしこうした断片的なデータでも見えてくるものがあります。 それは日本人の逮捕者が、少なくともこのデータでは一人もいないこと。 一方で 「日本は児童人権侵害大国」 だと非難するアメリカ人は、逮捕者とその国籍を発表している全ての国で逮捕者が出ていることです。 また公表された3ヶ国のうちカンボジア、タイではアメリカ人旅行者より日本人旅行者の方が多く、フィリピンは元々アメリカの植民地だったこともありアメリカ人旅行者が日本人旅行者を上回っていますが、その数はごく近しい差となっています。

 日本はゼロなので、旅行者数あたりの逮捕者数を比べることもできませんが、実際の数字はこうなっています。

一体どんな統計や調査データを元に、「日本が児童人権侵害大国」 の結論になるのか

子供が安全に暮らせる国とは…?
子供が安全に暮らせる国とは…?

 前述したとおり、このデータは数字が少なすぎて、このデータを持って 「日本人に児童買春する不届きものはいない」 などとは、とても云えない状態です。

 また逮捕者数が多くても数人程度ですから、仮に10人くらいの日本人旅行者のグループが摘発されたら、いっぺんに前提条件がひっくり返る程度のものでしかありません。 ですので、このデータをことさらに取り上げて、日本は潔白だ、アメリカ人よ反省しろ、などというつもりは全くありません。

 それより問題なのは、かねてから日本を児童ポルノ大国だ、児童人権侵害大国だと非難する人たち、とりわけ法規制まで推進している 日本ユニセフ協会などが、「どんな客観的データ、統計を根拠」 にして、そういう主張をしているのか、ますますわからなくなっている…という点でしょうか。

 ネット 上の児童ポルノサイトの統計や、各国が発表している性犯罪の統計、児童買春の統計などを見ても、日本は先進国の中でも飛びぬけてそれらの犯罪行為が少ない (不謹慎な表現になりますが、ある意味で不健全なほど少ない) 国なのですが、なぜそれが、「日本は児童ポルノの中心地」「日本は児童人権侵害が日常化した異常な国」「だからどんどん懲役刑を課せられる規制法を作るべきだ」 だという結論になってしまうのでしょうか。

 その根拠、裏づけとなる統計データがあるのなら、ぜひ教えていただきたいものです。 1998年の児童ポルノ法議論 (成立は翌1999年) や創作物規制の話がでるたび、筆者はもちろん、規制に反対している大勢の人たちが必死で世界中から 「彼らの主張の基となるデータ」 を探していますが、「日本が児童ポルノ大国だ」 という彼らの主張を裏付けるデータは、この10年間でただの一度も見つかったことがありません。

 アニメマンガゲーム などの コンテンツ 産業の市場規模を、そのまま 「萌え=児童ポルノ」 と曲解して 「児童ポルノ市場が大きい異常な国」 と叩いているものや、いわゆる 「毎日新聞英語版 waiwai 変態報道記事」 のデタラメな数字を引用しているものは見つかりましたが、ひょっとしてあれで全部なのでしょうか?

 今、日本ユニセフ協会やアメリカ人シーファー氏、中国人アグネス・チャン氏、スウェーデン人シルビア王妃が真っ先にするべきは、毎年数千から数万の子供たちが悲惨な被害者となっているアメリカやカナダ、中国、スウェーデンなどの失敗した醜いやり方を他人の国、日本に押し付け導入させることではなく、世界一子供が安全で幸せな生活を送っている国 「日本のやり方」 を、自分の恥ずかしい国、あるいは世界の多くの国に広めることではないでしょうか。

この用語をブックマーク

関連する同人用語・オタ用語・ネット用語をチェック

(同人用語の基礎知識/ うっ!/ 2008年6月20日)
破線
トップページへページの先頭へ

トップ
 旧同人用語メイン
 同人用語辞典 収録語 項目一覧表
 同人おたく年表
 同人関連リンク
 付録・資料
サイトについて
書籍版について
リンク・引用・転載について
閲覧環境
サイトマップ
のんびりやってます
フッター