同人用語の基礎知識

綾しい

トップ 同人用語 項目一覧 綾しい

ネット上で使われる代表的な誤変換言葉

 「綾しい」(あやしい) とは、「怪しい」 の 誤字・誤変換・当て字・文字遊び的な表現です。

 パソコン通信 の世界から広まった言葉で、アニメ 「美少女戦士セーラームーン」 (1992年3月7日〜 97年2月8日/ テレビ朝日系放映) に登場する キャラ、水野亜美役の声優、久川綾さんの ファン が使い始めたのが最初と云われています。

 ちなみにこうした誤字・当て字の表現は様々あり、例えば同じ 「セーラームーン」 ファンは愛野美奈子にちなんで 「皆さん」を 「美奈さん」 と書く人がいますし、良く使われる 萌え も、一説には同じ経緯で生まれ使われるようになった言葉として知られています。

 こうした言葉使いは、例えば 2003年12月より連載が開始され人気となった マンガ、「DEATH NOTE」 のもじりで、「です」 の誤変換 「DEATH」(例えば 「大好きDEATH」 など) もありますが、元ネタ となった作品を飛び越えて広く使われるようになる言葉は少ないようです。

インターネットの普及で、誤変換・誤字がらみのスラングが大量発生

 ところでここ最近では、こうした誤字・誤変換・当て字表現 (誤変換当て字) はますます増える傾向にありますね。 多くは インターネット 上の 掲示板 「2ch」 (2ちゃんねる) などで生まれ、俗に 2ちゃん用語 などと呼ばれていますが、「俺」 の誤変換 漏れ や 「死ね」 と 氏ね、「中坊」 と 厨房、「殺す」 と 「頃す」、「多すぎ」 と 「大杉」 などなど、枚挙に暇がありません。

 チャット やチャットに近い書き込み頻度の掲示板では物理的に誤変換が発生しやすい訳ですが、それとは別に 「死ね」 と 「氏ね」なんかのように、見た目から受ける印象や語感をソフトにする効果で使い始めた場合もあります (掲示板によっては、この手のダーティーなイメージのある漢字を NG ワードにしているケースもあり、その影響もあります)。

 ところでこうした言葉が今後、どのくらい生き残るのかは不明ですが、「離席」 を意味する 「離籍」 とか 「お疲れ」 と 「乙」、「行く」 と 「逝く」、「寝る」 と 「練る」 …なんかは 80年台後半のパソ通の時代からありましたし、新しく生まれたり古いものがリバイバルしたり、あるいは誤変換を誤変換したり…を繰り返しつつ、ずっと続いて行くんでしょうねぇ…。

この用語をブックマーク

関連する同人用語・オタ用語・ネット用語をチェック

(同人用語の基礎知識/ うっ!/ 2002年6月25日)
破線
トップページへページの先頭へ

トップ
 旧同人用語メイン
 同人用語辞典 収録語 項目一覧表
 同人おたく年表
 同人関連リンク
 付録・資料
サイトについて
書籍版について
リンク・引用・転載について
閲覧環境
サイトマップ
のんびりやってます
フッター