同人用語の基礎知識

対話風フリートーク

トップ 同人用語 項目一覧 対話風フリートーク

名人芸にまで至る場合もある 「対話風フリートーク」

 「対話風フリートーク」(会話風フリートーク) とは、2人もしくはそれ以上の人物による会話の形式で書かれた フリートーク のことです。 「妄想対談」(もしくはただの 妄想)、「架空対談」 などとも呼ばれます。 文章の形ではなく、簡単な四コママンガのような体裁を取る場合もあります。

 「フリートーク」 とは、しばしば 同人誌 などの余ったページの穴埋めに使われる、作者の独り言や近況報告のような文章、雑文のことですが、「対話風フリートーク」 の場合は日記形式やエッセー、コラムなどのような体裁ではなく、あたかも マンガ や小説、ショートストーリー (SS) の延長のようなノリで、その本に登場する キャラクター と作者 (同人作家) との掛け合い漫才のような会話の形で内容が進みます。

「対話風フリートーク」 の再現

 作者 ふう…やっと 原稿 が完成しました…無事にコミケに本が間に合えばいいけど
 キャラA ちょっと!今回あたしの出番がずいぶん少なかったけど、どうして!?
 作者 あわわ…今回はキャラAさまの世界を発展させるために調べ物を…
 キャラA まさか、キャラBに浮気していたんじゃないでしょうね…?
 作者 (ぎくっ)い、いえ…そそそそんなことは…すっ…すすすいません…
 キャラB まぁまぁ、作者さんも反省しているようですし…

 …とまぁ、ありがちな一例としては、こんな感じです。

文章力がなかったり、文章作成の時間がなくても簡単に作れる 「対話風」

 こうした対話風の文章、いわゆる 「架空対談」 の形式は、文章力がなくてもセリフの羅列の形で簡単に書けます。 またマンガやSSなどを 同人 でわざわざやってる人は、文章もそれなりに書けたりはするのでしょうが、きちんと文章作成するための時間が取れなかったりもするので、締め切り ギリギリの穴埋めページ作成の作業としては、とても便利なものなのでしょう (筆者も現実逃避を兼ねて、何度も書いてます…)。

 こうした形式のフリートークを、キモい、痛い、病的で メンヘラ っぽい、あるいは手抜きだと感じる人も結構いるようですが (すっ…すいません)、一方で、マンガやSSを描いている人は登場人物のセリフを考えたり、それで話を先に進めるのが得意な人もいたりするので、「マンガやSSの本編より、むしろフリートークの方が面白い」 なんて状況になっている場合もあります。

本編とキャラ設定が同じだったり、違ったり

 通常は、作者の自虐的な内容となりますが (入稿日 間際の愚痴や弱音、苦労話が内容の中心なので当然ですが)、登場するキャラの性格設定などは、いろいろとバリエーションがあります。 その同人誌で扱ったキャラへの を前提に、性格設定などは本編のマンガやSSのものを踏襲しますが、逆に本編とはまるっきり逆の設定にして、「フリートーク」 の全体を 「楽屋落ち」「裏話の暴露」 のように メタ視点 で描く場合もあります。

 その場合、例えば本編ではかわいそうな 受け キャラだったのが、フリートークではイケイケの腹黒い 攻め キャラになって、本編で自分を襲ってきた攻めキャラや作者を攻め立てて、本編部分の逆襲・復讐をするようなケースもあります。 陵辱的 な救いのない作品などでは、後書きやフリートーク部分でその救済を図るかのようにして、バランスを取るような場合もあります (作者の言い訳だったり照れ隠しだったりもします)。

小気味良い毒舌や本音が出てきて、ブレイクすることも

 中には本編部分の設定と異なる練りこんだ設定 (裏設定、フリートーク設定) をフリートーク部分に設けて独自の世界を開く場合もあり、読者 がフリートーク部分のキャラ設定が気に入って、それを元にした 二次創作 (いわゆる 「同人の同人」) を作ったり、読者から促されて作者本人がその設定で作品を作り、新しく同人誌を作るような場合もあります。

 こうした形式のものは、夢小説 のような形で発展したり、同人誌を離れ、ネット の時代となって ホームページ (ウェブサイト) や ブログ などで 「日記」 の ネタ として、非常にポピュラーなものともなっています。

この用語をブックマーク

関連する同人用語・オタ用語・ネット用語をチェック

(同人用語の基礎知識/ うっ!/ 1999年12月27日)
破線
トップページへページの先頭へ

トップ
 旧同人用語メイン
 同人用語辞典 収録語 項目一覧表
 同人おたく年表
 同人関連リンク
 付録・資料
サイトについて
書籍版について
リンク・引用・転載について
閲覧環境
サイトマップ
のんびりやってます
フッター