同人用語の基礎知識

妄想/ 脳内ストーリー

トップ 同人用語 項目一覧 妄想/ 脳内

学校の教室で授業中、窓の外を見ながら湧き上がる妄想に夢中になり…

 「妄想」 とは、アニメゲームマンガ などのディープな ファン、もしくは作り手側の人たちの持病の一つです。 脳内 を接頭して、「脳内妄想」「脳内ストーリー」、あるいはゲーム 「CHAOS;HEAD」(カオスヘッド) の劇中設定やパソコンの ブート (起動) とかけて、リアルブート (多少ニュアンスが変わる) とも。

 この持病を 「説得力のあるエンターティメント」 として表現出来るか否かが、「有能な 同人作家一般人 と、そしてハタ迷惑な単なる 電波さん や一部の深刻な メンヘラさん との分け目…だったりするのがシビアです。

 たいていは、場所が一般生活中であれ ネット掲示板 の中であれ、お気に入りの キャラ と自分自身 (もしくはその分身としてのオリジナルキャラ、オリキャラ)、もしくはお気に入りキャラ同士を カップリング させて、それぞれのキャラとのキャッチボールのような会話で成り立つ世界のようです。 またそういった妄想をシンプルにそのまま形にしたようなものに、ドリーム小説 とか フリートーク の一部 (対話風フリートーク とか) などがあります。

 なお 腐女子 による やおい 的な妄想はとくに 「腐女子的妄想」 とか、「腐妄想」 などと呼ばれ、さらにそうした要素を持つマンガや SS (ショートストーリー) そのものを指すケースもあります。

「妄想」、元は精神医学用語ですが、転じて…

 一般で使う 「妄想」 の場合は、それを見ている本人は妄想であるとは認識していないようなケースが多く、それがどれだけ非合理で理不尽でありえないものだとしても、外部から訂正したり修正するのが極めて困難だったりして、精神医学の世界では、時に重大な結果を招きかねない難しく危険な病だとしています (ただし個人差が極端に大きい)。

 同人 やネットの世界では、ストーリーとしてまとまってない支離滅裂な内容のマンガや 「SS」 を揶揄する時に使ったり、自分の作品を卑下して表現する際に作者が 「これは所詮妄想ですから…」 などと自称したり、あるいはネットの掲示板などで、彼女がいないのに彼女がいると虚勢を張ったり、無職だったり 引きこもり だったりするのに年収 2,000万円以上で豊富な人脈を駆使して自在に飛び回っている イケメン のエリートサラリーマンだと自称したりすることを、罵倒する際に使うケースが多いようです。

 こういった作者の 「トリップ具合」 をうかがい知るには、同人誌 のマンガや SS などの作品のほか、雑文の類は ホームページ (ウェブサイト) や ブログ などで 日記や つぶやき として見ることもできます。 ただし外部には一切出さず本人の頭の中だけで、例えば寝る時などに布団の中で毎日毎日少しずつストーリーを進めてゆくような 連続妄想 (キャンペーン型妄想) もあったりします (筆者もこういう話をいくつか持っていて、時には明日への予告編がついたりもします)。

 なお、ファンタジー を揶揄するようなニュアンスで使う場合もあります。

この用語をブックマーク

関連する同人用語・オタ用語・ネット用語をチェック

(同人用語の基礎知識/ うっ!/ 1998年12月17日)
破線
トップページへページの先頭へ

トップ
 旧同人用語メイン
 同人用語辞典 収録語 項目一覧表
 同人おたく年表
 同人関連リンク
 付録・資料
サイトについて
書籍版について
リンク・引用・転載について
閲覧環境
サイトマップ
のんびりやってます
フッター