同人用語の基礎知識

突発本

トップ 同人用語 項目一覧 突発本

イベント直前に衝動的に作ってしまう同人誌…突発本

 「突発本」 とは、文字通り衝動的、突発的に作られる本、具体的には、同人誌即売会 (同人イベント) の直前になって、勢いやノリで急遽作られることになった 同人誌 のことです。 多くの場合は 印刷所 を通すことが時間的に出来ず、コピー誌 (もしくは オンデマンド印刷 による自己製本) のような体裁での発行となる場合が多いようです。

 内容的には、タイムリーな旬の ネタ を取り扱ったものや、何人かでノリや勢いで一冊の本を作ってしまうような、荒削りだけどテンションがやたら高い、作者自身が楽しんで作っているような明るい内容の本が多いですね。

 また一般参加者には 頒布 せず、トレードオンリー同人誌 (トレード本として、他の同人作家の自作の本と交換する形でのみ配布するような本) としているケースもあります。

予定していた同人誌用の原稿が完成、印刷所へ入稿した後の、魔の空白

 パターンとしては、本来そのイベントに出そうと思っていた同人誌の 原稿完全原稿) がすでに完成し、印刷所へ入稿。 本は当日の 直接搬入 となり、イベントまで何もすることがなく数日から数週間も余裕がある…なんて時に、仲の良い知人なんかと新しい アニメ やら 漫画 やらの話をしていて盛り上がり、「じゃあそれで1冊作っちゃおうか」 みたいな感じで突っ走るケースが多いようです (ていうか、うちでやってる突発本はたいていそんな 合同誌 チックな感じですw)。

 中には突発本をイベントごとに毎回出すようなサークルもあり、「レギュラー同人誌より、むしろ突発本がメイン」 な大手さんもあったりします。

 なお 「突発本」 という言葉が作られ、あるいはそれを最初に名乗ったのがどこのサークルなのかは、ちょっと特定が難しい感じなのですが、1990年代に良く見かけるようになった言葉で、特定のアニメなどの言葉やセリフから由来したような、元ネタ のある呼称ではないようです。

ヘンな本の方が売れ行きが良かったり… ><

 ちなみに筆者のサークルは不真面目なサークルなので、飛び出す絵本みたいな同人誌とか、いろんな変な同人誌を作っています。 中でも酷かったのは、とある オンリーイベント の終了後に仲の良いサークルさんと大勢で打ち上げのため居酒屋に突撃、その際に、割り箸の袋にたわむれに描いた即興のリレーマンガ (1人が1コマ描いたら、続きを他の人に投げるみたいな) をまとめた割り箸マンガ本でしょうか。 さすがにそれだけで1冊の本にはできませんでしたが… (^-^;)。

 当時、その ジャンル を代表するような有名サークルさんが揃った、うちで出した本としてはもっとも参加人数が多く、かつある意味で豪華な本ではあったんですが…正直、買った人がかわいそうです…。

 もっとも、あっという間に売り切れましたがw

この用語をブックマーク

関連する同人用語・オタ用語・ネット用語をチェック

(同人用語の基礎知識/ うっ!/ 2000年2月7日)
破線
トップページへページの先頭へ

トップ
 旧同人用語メイン
 同人用語辞典 収録語 項目一覧表
 同人おたく年表
 同人関連リンク
 付録・資料
サイトについて
書籍版について
リンク・引用・転載について
閲覧環境
サイトマップ
のんびりやってます
フッター