同人用語の基礎知識

ゾーニング/ Zoning

トップ 同人用語 項目一覧 ゾーニング/ Zoning

レンタルビデオ店や書店によくあるアダルトコーナーなんかです

 「ゾーニング」(Zoning) とは、文字通りゾーン (Zone/ 間取り) を設けることを表す言葉で、建築業界のほか、流通小売業などではマーケティング用語としても使われる言葉のひとつです。 お店の売り場を商品の カテゴリ ごとにゾーンで別け、特定顧客のそのゾーンへの進入を制限したり、そのカテゴリの商品の購入をできなくする措置を指します。

書店におけるゾーニングの例
書店におけるゾーニングの例

 一般的には 18禁 本、ポルノ雑誌やアダルトコミック、性風俗情報誌などを未成年者が見ることも買うこともできないよう、年齢で売り場を区切ってしまうことをゾーニングと呼びます。

 本や映像作品を調べゾーニングの基準とする 「販売種別」 を施すことは レイティング、その結果、販売規制の対象となる書籍、雑誌、ソフト類は 「ゾーニング本」「ゾーニング雑誌」、あるいは 「レイティング作品」 などと呼んだりもします。

 昨今ではエロやポルノなどの性的アダルト商品だけでなく、未成年者の使用が法律で禁じられている酒やタバコなどの年齢確認による販売制限や、商品パッケージなどにそれと分かる表示 (成年コミックマークR指定 を付けたり、帯を付けたり、ビニールで覆ったり) をするなどの 「年齢による流通制限」「誰でもその場で未成年 コンテンツ を閲覧できないようする工夫」 全体をゾーニングとまとめて呼ぶ場合もあるようです。

 2000年代になって盛んに行われるようになった インターネット のアダルトサイトなどにある年齢確認による入場制限や、年齢認証による ブロッキング青少年インターネット規制法) なども、これの一種といって良いでしょう。

同人イベントでの 「ゾーニング」 の取り組み

 数百から数千、規模によっては1日十数万人がひとつの会場にドッと集う 同人誌即売会 でのゾーニング、年齢制限は、人的、物理的な限界もあり、また事なかれ主義に走りがちな会場施設側の対応の問題もあり、頭の痛い課題です。

 同人サークル には エロ ばかり描いているエロ専もある一方、日ごろは全年齢対象のいわゆる 健全本 を描いて 頒布 していながら稀に 「エロ」 を出す (反対もある) なんてこともあり、厳密なサークルの区分がしづらく、これらはその場の個別的対応をそのつど行っていました (売り場をカテゴリごとに分けるのは当然として、それ以外には、イベントの 主催者 の側がイベント告知で未成年者のアダルト同人誌の閲覧購入をしないよう呼びかけたり、当日の入場受付で目視確認したり、同人サークルが自分の スペース (売り場) で本の購入をはかる一般参加者の年齢を目で確認するなど)。

 また コミケ のような複数日開催の大きなイベントの場合、ある程度以上厳格にカテゴリ (ジャンルコード) を別けて会場 (施設内の建物部屋) そのものを変えたり、日にちで別けたりもしています。

 ただし昨今のアダルトな マンガ、コミックへの風当たりは相当強く、単に未成年者にそれらの本を見せたり買わせたりを制限するゾーニング対応だけで済むのか (コミックの内容そのものはどうなんだ)、との声は、外野の圧力団体だけでなく、イベント参加者の間からも 「コミック文化を守るため」 に、上がってきているのが現状です。

 エロマンガ、アダルトコミックの歴史は、規制と 自主規制 の歴史でもあります。 事情を良く知らず、また責任を他人に擦り付けるだけの魔女狩りのようなアダルトコミック排斥には反対の声を上げるべきでしょうが、各々が 「どこに着地点を設けるべきか」「コミック ファン として何を守るべきか」 を考えるのは、大切ではないでしょうか。

 自分たちだけでなく、自分の後輩や子供たちから素晴らしい 同人誌 の世界を奪わないためにも、関わる人たち全てが知恵を出し合うのが大切だと思います。

この用語をブックマーク

関連する同人用語・オタ用語・ネット用語をチェック

(同人用語の基礎知識/ うっ!/ 2006年10月8日)
破線
トップページへページの先頭へ

トップ
 旧同人用語メイン
 同人用語辞典 収録語 項目一覧表
 同人おたく年表
 同人関連リンク
 付録・資料
サイトについて
書籍版について
リンク・引用・転載について
閲覧環境
サイトマップ
のんびりやってます
フッター