同人用語の基礎知識

緊急家族会議

トップ 同人用語 項目一覧 緊急家族会議

おたくや腐女子がもっとも恐れる恐怖の瞬間…一家揃って 「緊急家族会議」

 「緊急家族会議」 とは、おたく腐女子コスプレイヤー などがもっとも恐れる恐怖の瞬間、まさに趣味と人生をかけたお茶の間の一大決戦場のことです。 稀に例外もありますが、たいていは子供の頃に1度くらいは誰でも、その瞬間を迎えてしまうようです。

 多くの場合は母親が勝手に子供の部屋の掃除などを行い、子供が見られたらヒジョーにまずいと思ってる物 (エロな 同人誌BL本、親が見たら風俗店かキャバレーの衣装にしか見えないきわどいコスチューム、ゴスロリ 用の膨大なケバい色の化粧品 など) が発見されてしまい、それがキッカケになります。 「これはいったい何なの?!」 と母親に詰め寄られ、すぐさま父親や祖父母、兄弟までが居間に集められ、会議を開かれてしまいます。

一般人から見ると変態としか思えない剥き出しのおたく・腐女子のど迫力

唖然とする父 厳しく問いただす母
唖然とする父
仕事ばかりだった俺が原因なの…か?
厳しく問いただす母
みのさんも言ってた!こういうのはガツンと!
寿命が縮まった祖父 痛々しい祖母
寿命が縮まった祖父
孫が…目に入れても痛くない孫が…孫が…。
痛々しい祖母
良子さんの育て方が…だから私があれほど!

 それがただのエロ本とかならまだしも、ロリコンマンガ雑誌 だったり、ホモ同人誌 だったり、ふたなり の本だったり、あるいはピンク色の セーラー服 だったり、男なのに着せ替え人形だったり女物の服や下着だったりした場合は、事態は深刻です。

 親の側の 「うちの子が変態に!」 という勘違い (と云っても、一般的な常識からしたらやむを得ないような…) も手伝い、「いったいなぜこんなものを持っているのか」「どこで買ったのか、誰から買ったのか」「何に使うつもりなのか」 を厳しく問いただされます。

 子供は子供で、「何で勝手に部屋に入るんだ!」「そんなに私が信用できないのか!」 などと必死の抵抗を試みるものの、多勢に無勢、大人の本気のド迫力にも一方的に押しまくられ、結果、たいていは 「捨てるか捨てないかこの場で判断せよ」「二度とこういう物を集めないようみんなの前で誓え」 などと宣告されてしまいます。

 それが限定品の レアモノ だったり、必死にバイトして購入した高価なものだったり、あるいは友達から借りたものだったりした場合は 「分かりました、捨てます」 とも云えず、子供も子供で オタギレ で応戦、往々にして 修羅場 と化すようです。

 また、そのものズバリのエロ本とかではなく、良くは分からないけど怪しいもの (なぜか Amazon から縫いぐるみや人形と書かれたものが高校生男子あてに届く、よくわからない キャラクター の描かれたピンク色の封筒に入った手紙が届く、怪我などしてないのに大量の 眼帯包帯 などがある) だと、疑心暗鬼も手伝って、さらに多くの修羅場に発展する場合も多いようです。

 なかなか 一般人 には理解してもらえない趣味ですし、本人が未成年の場合はエロ関係は違法ですし、さらにそれが受験の時期だったり、学校の成績が大きく落ちたタイミングだったりすると、ほとんど収拾させるのが難儀な全面戦争になります。 あるいは 「緊急家族会議」 を開戦日とし、長期間の冷戦状態に突入する場合も少なくありません。

うちの子が変態に…誰にも相談できない…

 親も親で、自分自身も若い頃に身に覚えのある未成年の酒やタバコ、異性からの手紙くらいならまだしも、「ロリコンマンガ」 や 「美少女フィギュア」、「ホモ同人誌」 では会社の同僚やご近所の井戸端会議で相談するわけにもいかず、すれ違いがますます広がるケースもあります。 最悪の場合では、親が子供の留守中に、勝手にグッズ類を処分…さらに 「わたしの育て方が悪かったのか…」 と思い悩み、怪しい宗教に走るなんてケースも…。

子供だけでなく、親の趣味がバレて子供に追求される場合も…

 一方、「おたく」 や 「腐女子」 が大人になり、無事に家庭を持ち子供を持ち、その子供が思春期あたりに差し掛かると、逆に親の趣味のものが子供にバレて大騒ぎ、そのまま 「緊急家族会議」 になる場合もあります。 ネット などでもたまに見かける、「かーちゃんが若い頃作った同人誌が出てきた!」「おやじの書斎からロリ写真集が!」「押入れからジャニーズのウチワが出てきた!」「ラムちゃんのコス写真が大量に!」 なんてケースで、いわゆる オタ親 というやつですね。

 発見した子供が思春期の頃 (10歳〜12歳から、16歳〜18歳あたりくらいまで) だった場合、親への反発や 中二病 などもあり、「不潔だ」「汚い」 と猛烈な嫌悪感を覚えるケースがあります。 親は親で自分の親としての威厳を保つ必要もあり意固地となって、かなり激しいバトルに発展するケースがあります。

 またこうしたケースで配偶者 (かーちゃんの場合は父親、おやじの場合は母親) が、その趣味を知らなかったり、あるいは結婚する前に 「卒業する」 と互いに約束を交わしていたりするケースもあり、「おまえっ…! こっ、子供が生まれたらこういうのは止めるって約束したじゃないか!」「ちょっとあんた! いつのまにまたこんなのをこっそりと集めてたの!」 と、家族会議から本格的な夫婦喧嘩に発展する場合もあります。

 こうした趣味を隠す生活を 「隠れおたく」 とか 「隠れ腐女子」 などと呼びますが、やっぱりそれなりに家族の理解は得ておいた方が良さそうです。 結婚生活とオタク&腐女子 (乙女系) 生活の両立はなかなか大変なものですが、それとな〜く小さい尻尾を日ごろからチョロチョロとわざと出しておいて、いざその時の場合の備えは、しておきたいものですね…。

それはともかく、未成年のエロ同人エロマンガ集めは、原則禁止です

 ところで過去の大きな マンガアニメゲーム の排斥運動の発端になったのは、ほとんどが 「未成年者のエロマンガやエロゲームの所持」 がキッカケになっています。

 高校生がアダルト美少女ゲームを 「万引き」 して捕まったのが原因の 1991年のいわゆる 「沙織事件」 は別格として、他の 子供向けポルノ追放運動 や、マンガのわいせつ問題で争われた 「松文館事件」 などは、いずれも未成年者がアダルトコミックを所持して、それを発見したと称する父兄がマスコミや警察などに告発、社会問題化する 「スタイル」 を取っています。

 これらを受けマンガやアニメ、ゲーム業界は、死活問題として ゾーニング の徹底を自主的に行っていますが、ルールを破って購入する未成年者を完全に排除するのは物理的に厳しいのが現状でしょう。 というか、多くの中学生や高校生が、エロ本の1冊も持ってない、見たこともない、興味もないってのは、こういう場所で書いてよいかどうかはともかく、現実的にはちょっとありえないだろうと思ったりもしますが…。

アニメやマンガ、ゲーム、同人などを見る目は年々厳しく…

 筆者も未成年の段階でエロマンガを手にしていましたので (っていうか、自分でエロマンガ描いてました ><;)、あまり偉そうな話もできないのですが、現在リアルで未成年の方は、「自分の取った軽はずみな行動によって、多くの同人作家や作品、コミック文化そのものを危機に晒す可能性がある」 というのは、強く認識して自省的な行動を取って欲しいと切に願います。 世界に冠たる日本のアニメ、マンガ、ゲーム業界ですが、取り巻く環境は年々厳しく、足元は常に不安定です。

 また 「緊急家族会議」 のあるなしに関わらず、なるべく親とは仲良くするようにしましょう… (いなくなってから有り難味が分かっても遅いですよ、いやほんと)。

この用語をブックマーク

関連する同人用語・オタ用語・ネット用語をチェック

(同人用語の基礎知識/ うっ!/ 2004年12月7日)
破線
トップページへページの先頭へ

トップ
 旧同人用語メイン
 同人用語辞典 収録語 項目一覧表
 同人おたく年表
 同人関連リンク
 付録・資料
サイトについて
書籍版について
リンク・引用・転載について
閲覧環境
サイトマップ
のんびりやってます
フッター