同人用語の基礎知識

転売屋/ 転売ヤー

トップ 同人用語 項目一覧 転売屋/ 転売ヤー

同人界隈ではとにかく忌み嫌われる 「転売屋」

 「転売屋」 とは、正規の流通ルートに乗った品物を、小売業者から客として購入するなどして調達し、再度販売 (転売) する人たちや業者のことです。 通常は自分が購入した代金に利益を上乗せした価格で販売し、その差額を儲ける手段となります。

 再販、リセール とも呼びますが、言葉としての意味やニュアンスは使われるケースでかなり異なり、とくに 「転売」 と 「er」 もしくは 「バイヤー」 を合わせた 「転売ヤー」 や 「転売師」、「転売厨」(罵倒語の 厨房 の厨を接尾した呼び方) などと呼ぶ場合は、相当の批判、侮蔑、嫌悪のニュアンスを持ちます。

 こうした行為が 同人おたく の世界で嫌われるのは、彼らがしばしば 同人誌即売会 などで不正な手段 (ダミーサークル による サークルチケット の不正入手、大人数での 徹夜フライング など) を行い、みんなが欲しいと思っている 大手サークル壁サークル などの 新刊同人誌 を買い占め、法外な値段 (プレミアム価格/ プレ値) で売りに出すからです。

 これらの行為によって、本来なら サークル参加 できたはずの 同人サークルコミケ などの イベント への参加ができなくなりますし、またルール違反によって同人の世界での風紀を乱し、あげくその同人誌を作ったサークルとは無関係のところで暴利を貪るからで、こうした世界特有の 嫌儲 の空気もあり、非常に嫌われ、また憎まれているといって良いでしょう。

同人ゴロと転売屋、人の作品を右から左に動かしてぼろ儲け?

 実際のところ、不正行為はともかくとして、コミケなどで人気サークルの同人誌を 「商売としてメリットがでる」 程度に買い集めるのはかなり大変ですし、目利きが効かないと骨折り損になる場合もあります。 また新型ゲーム機 (ゲームハード) の発売やおたく、腐女子 向け限定品の転売も、競争相手がいて、思ったより儲からない状況もあります。 誰でも簡単にぼろ儲けができる訳ではなく、それなりのリスクもあるのですね。

 それでも、自分で何か新しい価値を生み出す訳ではなく、他人の作った作品や物品を右から左に動かすだけでお金儲けする姿は、それが商売としてありふれた行為なのだとしても、腑に落ちないし見ていて気分が悪くなるものなのでしょうね。

 おたく向けの数量限定のグッズや、人気で元々品薄の商品などでは、ネットオークションなどで欲しいと思っている人の足元を見てこれでもかの値段を吹っかけるので、そうした人たちのターゲットにされたアニメやマンガ、ゲームや特撮関係のグッズを集めている人にとっては、もう明白に 「敵」 のようなイメージになっています。

ネットオークションの登場で、「転売ヤー」 の転売問題も深刻化

 こうした転売行為は、いわゆる 同人ゴロ と呼ばれるグループや、その傾向を引き継いだ一部の同人誌専門ショップなどで、比較的初期からその行為が見かけられてきました。 中でも 「同人バブル」 とも呼ばれた1990年代にはそれが顕著化し、有名なサークルの希少な本などは、5万円10万円当たり前な感じの、ありえないプレミア価格がついて取引されていたものです。

 その後同人の世界 (というか、市場) が大きくなると、逆にこうした 「会場 に足を運んでのゲリラ的な活動」 から、むしろ同人サークルと協力関係を持ち、例えば 書店委託 のような、ある程度きちんとした対応が取られるようになりました。 大手サークルの同人誌の 頒布数 も大きく、「イベントで人海戦術で買い集めて高値で売り抜ける」 ような危ない橋を渡らなくても、そこそこの利益で多売ができるようになったからですね (これはこれで、本来は趣味である同人の商業化という悪い問題と、良い可能性の両面がありますが)。

 また同人イベントや同人サークル側も対策を次々に講じ、例えば 限定本 を発行しない、1限 (1人1冊のみ販売) などの販売制限を設けるなどして 完売 を防ぐなど、「転売」 の旨みが薄められてきました。

 一方、ネット のオークションなどを通じて誰でもが気軽に商取引が行えるようになると、プロや業者と云うよりは、セミプロ、アマチュアの転売行為がむしろ増加。 サークル側は オークション禁止 などで対抗するものの、実効性に乏しいこともあり、こうした見ていて不愉快な行為がなくならない原因ともなっています。

転売は違法なのか?

 ちなみに業として中古の転売を行う場合、警察署に届け出を行い、古物営業法における古物商の許可を得なければいけません。 また業としてネットで 通販 を行う場合、特定商取引法に基づく表示 (販売責任者名や連絡先、販売価格や手数料、返品規約などを表示) をしなくてはなりません。 これらの法律に基づき、警察やオークションサイトなどに対し、通報なども盛んに行われていますが、逆に云うと、これらを行っている業者を転売のみで罪に問うのは無理でしょう。 前述した通り転売それ自体はありふれた商行為であり、別に違法でも何でもないからです。

 一方で、企業がノベルティグッズや限定生産品の商品などを販売する際、その条件として転売を禁止・制限したり、転売する際の価格を指示する (この価格で販売せよ、プレミア価格にするな、など) なりをした場合、逆に指示した方が独占禁止法違反に問われる場合もありますので、法的に転売を禁じるのは現実問題としてはかなり難しいのが現実です。

 なおコンサートやライブ、イベントの興行チケットなどの転売を前提とした購入や値を釣り上げた販売は 「ダフ屋行為」 として条例などで禁止されているケースが多く、その場合は違法となります (実際に逮捕者が多数出ています)。 こうした状況もあり、興行の主催者側で、転売されたチケットの無効対応なども可能とはなっていますが、徹底するのは難しい情勢となっています。

悪いところばかりの転売ヤーの社会的意義は?

 法的問題はともかく、イメージ的には全く取り柄無し、悪いところばかりな感じがする転売ヤーですが、二次流通それ自体には問題はありませんし、メリットというか存在する社会的意義のようなものもないわけではありません。 例えばほとんどの人が無価値だと思っていて死蔵あるいは廃棄されているものを市場に引っ張り出し、誰の目にもはっきりわかる 「値段」「金額」 という価値を示して世の中に訴求する点では、古物商、美術商と呼ばれる人たちの活動と同様の社会的意義を持っているでしょう。

 例えば美術の世界では、一次市場 (プライマリー・マーケット) と二次市場 (セカンダリー・マーケット) がありますが、画家や作家がギャラリー等を通じるなどして直接美術品を販売する一次市場だけでは、作家にあまり経済的な恩恵がありません (とくに実績のない若手の場合は)。 二次市場があってしっかり機能し、優れた作家の作品がオークション等で高値をつけられることによって、その作家の作品に経済的な価値が裏付けられて一次市場も盛り上がり、そのサイクルの中ではじめて正当な評価と十分な経済的恩恵が与えられたりする場合もあるんですね。

 二次流通それ自体は作家に直接お金が回る仕組みではありませんし、単に美術品を投機対象にしているだけだとの批判もあります。 また美術や芸術がお金儲けにばかり走っても面白くありませんが、さりとて他に作家の作品に経済的な価値をつける方法は現実問題として極めて少なく、また作家に十分なお金が渡らなければ次の作品も生まれず、新しい才能がその世界に入ってくることもなくなってしまうでしょう。

 この辺りはバランスの問題なのかもしれませんが、本音と建て前も含め、なんとも難しい話ではあります。

この用語をブックマーク

関連する同人用語・オタ用語・ネット用語をチェック

(同人用語の基礎知識/ うっ!/ 2002年8月20日)
破線
トップページへページの先頭へ

トップ
 旧同人用語メイン
 同人用語辞典 収録語 項目一覧表
 同人おたく年表
 同人関連リンク
 付録・資料
サイトについて
書籍版について
リンク・引用・転載について
閲覧環境
サイトマップ
のんびりやってます
フッター